ここから本文です

井上尚弥も粋な計らい ドネア愛息の“可愛すぎる祝福”に海外反響「Mr.イノウエ…」

11/8(金) 20:03配信

THE ANSWER

井上から涙ながらに借り受けたVトロフィーとともにメッセージを公開

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム決勝は7日、WBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ち。WBSS制覇を果たした。敗れたドネアは試合から一夜明けてツイッターを更新し、井上から一晩だけ借り受けたという優勝トロフィーの前で、自身の2人の息子が可愛らしくお礼と祝福のメッセージを送る様子を動画付きで公開。「ノニト、あんた男だぜ」「痛いほど気持ちがわかる」と海外ファンの反響を集めている。

【動画】「ノニト、あんた男だぜ」と反響! 「Mr.イノウエ…」、井上の計らいでトロフィーが…ドネア愛息2人の“可愛すぎる祝福”の実際のシーン

 ドネアが敗戦から一夜明け、1本の動画を公開した。グレーのパーカーにフードを被り、サングラスをかけて表情を隠したドネア。椅子に座り、目の前に2人にはお揃いのTシャツを着た2人の子供がいる。ただ、なぜか目の前には「NAOYA INOUE」と記されて輝くWBSS優勝トロフィーが置かれている。そして、1人がこうメッセージを発した。

「サンキュー、Mr.イノウエ、コングラチュレーション!」。たどたどしい言葉だったが、なんとも可愛らしい振る舞い。ドネアは別のツイートで「日本へモハメド・アリ杯を取りにやってきた。僕は息子たちに朝、それを見られるよと約束した。目に涙を浮かべ、イノウエに一晩だけ貸してくれとお願いした。自分のためにではなく自分の約束のために」と明かしている。

 約束だった息子たちに対する優勝のプレゼント。それが叶わなくとも、父としてせめてできることをしたいと井上に懇願し、借りたようだ。異例の頼みだったが、井上もこれに応じ、敗者の子供を喜ばせる粋な計らいを見せた。試合後には互いに抱擁を交わし、リスペクトを示し合っていたが、その姿勢は会場を離れても変わらなかった。

海外ファン「気持ちは痛いほどわかるよ」

 投稿には「試合前、試合中、試合後全てが美しかった」「ノニト、あんた男だぜ。真の王者を意味している」「あなたは品格さのお手本だ。素晴らしい試合。伝説的だ」「なんて試合だったんだ、チャンピオンのハートを見せつけたな」「私にも同い年くらいの息子が2人いるから、気持ちは痛いほどわかるよ」「輝ける他のファイターたちのお手本だね。リング外でもリング内でもね。素晴らしい試合だ!」などと海外ファンから感動の声が続々と広がっていた。

 ドネアは子供たちに対し「これは僕の息子たちが学ぶレッスンになる。それはベストを尽くしても力が及ばないことがある。勝つこともある。負けることもある。しかし、どうなろうが優雅でいること。これは彼らにとって僕を直視しづらくするだろう。僕の傷にキスをしてくれるだろう」などと複数回にわたるツイートで感謝のメッセージをつづっていた。井上、ドネアともにボクシング界で知られたナイスガイ。激闘を演じた後もリスペクト溢れる物語が生まれた。

THE ANSWER編集部

最終更新:11/8(金) 20:03
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事