ここから本文です

【ラグビーW杯】「発言は不適切、悪評招いた」 スコットランド、台風巡る問題発言で罰金980万円

11/8(金) 21:03配信

THE ANSWER

台風19号で開催が危ぶまれた試合の開催巡るドッドソン氏の発言に処分

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で台風による10月13日の日本―スコットランド戦の開催を巡り、スコットランド協会最高経営責任者のマーク・ドッドソン氏が中止の場合、法的措置も辞さないどの強硬な発言が問題だったとして、国際統括団体ワールドラグビー(WR)は同協会に対し、7万ポンド(約980万円)の罰金を科した。英紙「ガーディアン」が報じている。

【画像】日本ファンも感激! 印象的な友好写真とともに…スコットランドが記した“粋な日本語エール”の実際の投稿

 台風19号接近により、中止が危ぶまれていた10月13日のスコットランド戦。開催できなければ、敗退が決まる1次リーグ最終戦に対し、ドッドソン氏は中止になった場合、法的措置も辞さない姿勢などを明らかにし、発言が問題視されていた。記事によると、今回、WRは同協会側は訓告および謝罪文提出とともに7万ポンドの罰金を決めたという。

 これに対し、スコットランド協会側が「調停にすることも含んだ我々の選択肢を考慮する」と反応したと、記事では伝えている。一方で、WR側は「スコットランドラグビー協会は謝罪をして、罰金を台風被害として寄付すべきだ」とし、罰金は台風19号で被災した地域を支援する団体を通じて寄付する方針という。

 また「マーク・ドッドソン氏によるコメントは不適切であり、試合の悪評を招いたとした」とのWR側の声明も伝えている。

THE ANSWER編集部

最終更新:11/8(金) 21:03
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ