ここから本文です

倖田來未が8年振りにドラマ出演「いつも通りの関西弁でやりました」<リカ>

11/8(金) 17:00配信

ザテレビジョン

高岡早紀演じる主人公・リカが恐過ぎると話題の、オトナの土ドラ「リカ」(毎週土曜夜11:40-0:35、フジテレビ系)。11月9日(土)からはその第2部がスタートする。そして16日(土)の6話に、同ドラマの主題歌『STRIP』を歌う倖田來未がアーティスト役で出演することが分かった。

【写真を見る】ドラマ撮影前、緊張しながらも練習する倖田來未

倖田はリカの新たなターゲットである、大谷亮平演じる映画プロデューサー・本間隆雄が手掛ける映画で主題歌を担当する本人役。倖田のドラマ出演は8年振りとなる。

■ 「リカの一途さには共感。でも“恐ろしい女やな”って(笑)」

「オファーをいただいた時に、『ほんまですか?』と何度も聞いたぐらい本当に驚きました。ただ本人役だったので、『スタジオでいつもの通りに話しているようにやっても大丈夫』と監督に言っていただいて、『いつも通りの関西弁で大丈夫ですか?』という感じでやらせていただきました」と8年振りのドラマ出演の感想を明かす。

今回の主題歌について、「『STRIP』の楽曲自体が、“あなたの思うように私はなりたい”という内容の曲だったりします。そして私の恋愛体質も、結構彼色に染まるタイプだったりするので、リカの純粋に彼を愛する一途さに共感はできるけど…。今現在、『リカ』に引き込まれまくっている私は、『リカって、恐ろしい女やな』という気持ちの方が強いかな(笑)」と恐ろしくもあり、共感もしているという。

「環境によって人の愛し方は変わるような気がします。第2部では、リカが映画プロデューサーの本間を愛していくということで、第1部とはまた違った環境でリカがどういう愛し方をしていくのかが見どころだと思います。そしていつもいい場面で『STRIP』を流してくださっているので、曲が始まった時の、あのゾゾッとする雰囲気も私はいつも楽しみにしています。ぜひ、音楽と共に『リカ』の恐ろしさを体感して下さったらと思います」とアピールした。

■ 「精神的には頭痛がするぐらいリカに追い込まれています(苦笑)」

「倖田さんが歌われている主題歌の『STRIP』は、熱のある刺激的な曲で、ドラマの後半で流れた時に、リカの行動や情熱があの曲によって正当化されるような気分になります。倖田さんの強い歌声が『頑張れ、リカ!』とリカを後押しするような…。本当にこのドラマに合ったエネルギッシュで素敵な曲だと思いました」と曲の感想を明かす。

そして、「現在、僕は本間隆雄役として、高岡さん演じるリカとの撮影の日々ですが、リカとはどのシーンでも会話のキャッチボールができないですし、本間はどんどん追い込まれていくので、精神的には頭痛がするぐらい大変です(苦笑)」と苦労もあるよう。

「ただ、高岡さんの攻めの芝居を受けるのは楽しくて、2人で息を合わせながら、受けの芝居を楽しんでいます。第1部があのような形で終わり、その3年後ということで、まったく違う展開が第2部から始まります。憔悴(しょうすい)したリカがまた新たなターゲットを見つけて愛に走る姿を、ぜひ楽しみにしてください。そして僕がターゲットとしてとことん追い込まれていくその様も見どころかと思います」とコメント。

■ 第5話のあらすじは?

映画会社・宝映に勤めるプロデューサーの本間隆雄(大谷)は、映画のリサーチのために、マッチングアプリに登録する。別居中とはいえ、妻子ある身としては、本来必要無いはずだが…。

そんな本間が書いた“神宮寺たかお、年齢・38、職業・作家”といううそのプロフィールに興味を持ち連絡を取ったのは、リカだった。(ザテレビジョン)

最終更新:11/8(金) 17:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事