ここから本文です

絶好調ヴァーディ、イングランド代表復帰? 18年に“引退”も…再招集の可能性を監督示唆

11/8(金) 16:15配信

Football ZONE web

今季11試合10ゴールの活躍にサウスゲイト監督も注目

 イングランド代表を率いるギャレス・サウスゲイト監督が、すでに代表引退を表明しているレスター・シティのFWジェイミー・ヴァーディを再招集する可能性を示唆した。英公共放送「BBC」が報じている。

【動画】絶好調ヴァーディ、レスターの華麗なパスワークからゴールを決めた瞬間

 32歳のヴァーディは今季ここまで10得点(11試合)をマークし、プレミアリーグの得点ランキングトップを走るなど絶好調を維持している。2015-16シーズンは24得点を挙げて奇跡のリーグ初優勝に大きく貢献。それ以降は今季も含めて5シーズン連続で二桁得点を決めている。

 イングランド代表では26キャップを記録しているが、2018年のロシア・ワールドカップを最後に代表引退を表明し、クラブでのプレーに専念している。しかし、イングランドを率いるサウスゲイト監督は「我々は彼のクオリティーを知っている」とヴァーディのパフォーマンスを高く評価。「扉は常に開かれている」と語り、復帰の可能性がゼロではないと強調した。7日に発表された最新のメンバーには名を連ねてはいないものの、その動向は常にモニタリングしているという。

 イングランドのストライカー陣はキャプテンも務めるトットナムのFWハリー・ケインがファーストチョイスで、マンチェスター・ユナイテッドのFWマーカス・ラッシュフォード、チェルシーのFWタミー・エイブラハムといった若手が後ろに控えている。ヴァーディが復帰すればさらに盤石の体制となりそうだが、果たしてベテランFWのカムバックは実現するのだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:11/14(木) 16:18
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事