ここから本文です

“私って友達少ないかも…?”32歳独身女性が孤独に打ち勝とうともがいて得た「気づき」

11/8(金) 11:00配信

デイリー新潮

 スマホはいつも枕元。目が覚めれば自然とSNSをチェックする習慣がついたのはいつからだろう。おそらく、まだガラケーでmixiをやっていた10年ほど前からかもしれない。Twitterは重要な情報も流れてくるが、ほとんどの人が匿名で登録しているため、ときには汚い言葉やネットスラングが飛び交って荒れ気味だ。一方Facebookは中高年男性の憩いの場。そしてInstagramは若者たちが「映え」を意識したある意味、見栄を張るツールだと個人的に認識している。

 ***

すぐ連絡を取れて「今夜飲もう」と誘える友達が何人いますか? 

 私自身、一番使用するのはTwitterだ。次にFacebook。Facebookは主に仕事のために使用している。そしてInstagram。でも私の生活圏には「映え」るものが何もないので、せめてもの「映え」を、と思い、毎月淡々とネイル写真だけアップしている。

 ある連休中、きらびやかなInstagramの世界をスクロールしていくと大学時代の同級生たちが笑顔でどこかの観光地を旅行している写真をアップしていた。この同級生のAちゃんは卒業後に一度だけ取材協力者として会っただけで、それ以来会っていない。必修科目の多かった大学1年の頃に、教室で顔を合わせればそれなりに世間話をする程度の仲で、放課後や休日にわざわざ遊びに行った記憶はない。

 Aちゃんは家が遠い上、アルバイトも忙しそうだった。それでも合間を見つけて他の同級生たちとは遊んでいたのだと今はわかる。私は大学時代をバンギャル活動(ヴィジュアル系バンドの追っかけ)に捧げたので、同級生たちから合コンや遊びに誘われても「ごめん、その日ライブで行けないや」と断るばかりで、次第に誘われなくなった。

 もしかして私、友達が少ないかも……? 今すぐに連絡を取れて、何なら「今夜飲もう」と誘える友達は3人だ。他に、家庭の事情や仕事がシフト制だったりして、数週間前からなら予定を合わせて遊べる友達が3人。いずれもバンギャルや元バンギャルたちだ。気軽に遊べる友達は計6人。

 世間一般的にアラサー世代は何人くらい友達がいるのだろうか。Twitterのアンケート機能を使い、「現在、あなたにはすぐに連絡を取り合えたり、会って腹を割って話せたりできる友達は何人いますか?」という質問で調査してみた。選択肢は0人、1~5人、6~10人、11人以上の4種類をもうけた。

 結果、回答者数880名。1~5人が62%で最も多く、ついで0人が32%、6~10人が5%、11人以上が1%だった。なんだ、意外とそんなもんなのか、というのが正直な感想だった。私が特別友達が少ないわけではなく、平均的なのだと安堵した。むしろ、0人が3割を越えていることに社会問題的な闇を感じる。

 私が友達が少ない気がしたのは、要するにInstagramにアップできるようなキラキラした遊び方をしていないだけだったのだ。いつも友達と行くのは歌舞伎町のレモンサワーが100円で飲めるやかましい大衆居酒屋。その後、良い感じに酔ったところで女性も入れる良心的な価格のゲイバーというコースだ。

 先日は某入浴施設でお風呂やサウナ、アカスリを堪能した。盗撮の恐れがあるのでお風呂内にスマホを持ち込めないし、更衣室で写真を撮るのもマナー違反だ。また、休憩室は開けており、オシャレな作りになっているのだが、他にもお客さんがリラックスしたり仮眠を取ったりしているため、ワイワイと撮影するのははばかられる。故にInstagramにはアップできない、するとしたら外観くらいだろうか。

 その日のうちに誘って飲みに行ける友達は独身で都内近郊住まい、または既婚者だが子どもがいない。これが、子どもがいる友達だと変わってくる。まず、1カ月以上前から予約を入れる。子どもを預けたり、旦那さんの予定も考慮しないとならないからだ。

 そして、待ちに待った約束の日、支度をして家を出ようとした瞬間、「ごめん! 子どもが急に熱出しちゃったからリスケで!」とLINEが入ったり、妊娠中の友達からは「実は切迫早産で緊急入院になっちゃった」と、当日ドタキャンも少なくない。これに関してはどうしようもない。突然ぽっかりと予定があき、おとなしく家で仕事をして過ごしたりする。

 アラサー世代は結婚や出産、仕事も楽しくなってくる頃だ。私も一時期多忙により遊びに行けないことがあった。この世代は遊びたくても友達とタイミングを合わせられる機会が減ってくるのだ。しかし、実際会ってみると久しぶりな感じがしないのは普段から彼女たちのSNSをのぞいているせいだろう。

1/3ページ

最終更新:11/12(火) 15:40
デイリー新潮

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事