ここから本文です

安倍昭恵夫人「即位の礼ドレスコード違反騒動」 お抱えデザイナーが語る一部始終

11/8(金) 5:56配信

デイリー新潮

 この人の辞書に「無難」という言葉はないのかもしれない。10月22日に行われた即位礼正殿の儀でファーストレディ、安倍昭恵サン(57)の袖が拡がった白色のワンピースが“ドレスコード違反では”と大騒動になっている。ご本人はまるで気にかけていない様子だが。

【写真】万歳三唱する「安倍昭恵夫人」

「なぜ、ここまで騒動が大きくなってしまったのか正直わかりません」

 こう困惑気味に話すのは、昭恵サンのドレスをデザインしたデザイナーの継枝幸枝(つぐえだゆきえ)氏だ。

「昭恵さんと知り合ったのは2~3年前でしょうか。10年以上前からのお客様で、友人でもある元衆院議員の藤野真紀子さんのパーティーででした」

 それ以降、継枝氏はファーストレディお抱えデザイナーの一人になったという。

「昭恵さんから“外交で海外へ行く予定があるんだけど、お願いできるかしら”と電話がきたり、私のサロンにいらっしゃることもあります」

 大騒動の原因になった服はいかにして作られたのか。

「テレビを見て初めて、昭恵さんが私のデザインした服を着て下さったと知り、驚きと同時に嬉しかったですね。あれは私が作った洋服の一つ。今年7月、彼女に似合いそうな物を何着か見せると、あのドレスを“これ良いですね”と言われたのを覚えています」

 即位礼正殿の儀の翌日、継枝氏が自身のサロンのHPに昭恵サンが着たドレスの写真を掲載。すると、

「テレビ局から取材の依頼がありました。でも、世間で大騒ぎになっているとはまったく知りませんでした。知り合いからネットで騒ぎになっていると聞いた後から電話が鳴りやまず、事務所に直接来るマスコミもいたのです。そこで相当悪い意味で世間を騒がせていると気づきました」

 ドレスコード違反については、

「明るい色が好ましいとされているので、あのドレスの色合いは皇室行事でもお召しになれます。ミニスカートといわれていますが、膝が隠れる程度の丈があるし、そもそもミニスカートがダメという規定はありません」

 テレビ局の取材に同様の発言をすると、

「テレビで“デザイナーが反論!”と大げさに取り上げられたため、事務所に一般の方からクレームの電話が入るようになりました。早く事態が落ち着いて欲しいと切に願っています」

 これもファーストレディお抱えのデザイナーになった有名税? 

「週刊新潮」2019年11月7日号 掲載

新潮社

最終更新:11/8(金) 16:24
デイリー新潮

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事