ここから本文です

エースが退団した王者ラプターズに代わり、バックスとシクサーズがイーストの本命に?【NBAカンファレンス展望】

11/9(土) 7:21配信

THE DIGEST

 昨季ラプターズの初優勝の立役者となったカワイ・レナードがクリッパーズに移籍し、王者の戦力ダウンは必至となった。必然的にイースタンは大混戦。複数のチームに上位進出のチャンスがあるが、そのなかでも本命視されるのは昨季リーグ最高勝率を残したバックス、プレーオフでラプターズを最も苦しめたシクサーズだ。

【PHOTO】美女揃い!妖艶ダンスで人々を魅了するNBAのチアリーダー特集!

 バックスは昨季MVPのヤニス・アデトクンボが今季も攻守の中心となる。オフにマルコム・ブログドン、ニコラ・ミロティッチというサポーティングキャストを失ったが、それでもクリス・ミドルトン、ブルック・ロペス、ジョージ・ヒルの引き留めに成功。さらにウェスリー・マシューズ、ロビン・ロペスという渋い脇役を加えたのも大きい。今やリーグ最高の選手と呼ばれるようになったアデトクンボの故障離脱でもない限り、今季も好成績を残す可能性は高い。

 シクサーズは爆発力という意味でバックス以上のポテンシャルを感じさせる。ジョエル・エンビード、ベン・シモンズの2枚看板を軸に、昨プレーオフではラプターズを背戸際まで追い詰めた。そのチームから先発のジミー・バトラーとJJ・レディックが抜けたが、トバイアス・ハリスとは再契約。さらにアル・ホーフォード、ジョシュ・リチャードソンも加え、これまで以上にバランスの取れた先発陣を揃えるに至った。あとは層の薄いベンチを補強できれば、シーズン中から突っ走り、一気にファイナルまで駆け上がっても不思議ではない。
 
 この2強に続くのは、ラプターズ、セルティックス、ネッツ、ペイサーズの4チームだろう。

 レナードの抜けたラプターズだが、カイル・ラウリー、パスカル・シアカム、マルク・ガソル、サージ・イバカ、フレッド・ヴァンブリートといった好選手が残っている。このメンバーでも上位シード確保は可能。ただ、あくまで優勝が目標だとすれば、行動派のマサイ・ウジリ球団社長はベテラン陣をシーズン中に放出し、シアカムとヴァンブリートを中心に据えた再建を選ぶかもしれない。

 1年前は東の本命だったセルティックスは、エースのカイリー・アービングが移籍し、チーム力もダウンした。ただ、代わりにケンバ・ウォーカーが加入。アービングとは折り合いが悪かったジェイソン・テイタム、ジェイレン・ブラウンにはまだ伸びしろが多く残っており、この2人が成長すれば面白い存在となる。ブラッド・スティーブンスHCの指導力も昨季より今季のチームの方が生きるはずだ。

 そのアービングとケビン・デュラントを獲得したネッツは、イースト最大級のパワーハウスとなった。もっとも、アキレス腱断裂のデュラントは今季全休が濃厚で、1年目から優勝争いに絡んでくることは考えにくい。今季はアービングがキャリス・ルバート、スペンサー・ディンウィディー、ジャレッド・アレンといった昨季からの主力とケミストリーを構築し、勝負の1年後に向けてしっかりとした地盤を整えたいところだ。

1/3ページ

最終更新:11/9(土) 7:21
THE DIGEST

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事