ここから本文です

秋山翔吾、筒香嘉智、菊池涼介のメジャー移籍は新しい形の「成功」となるか?

11/9(土) 18:49配信

THE DIGEST

 広島は8日、菊池涼介二塁手のポスティングによるメジャーリーグへの移籍を容認した。

【動画】メジャー移籍を表明した菊池が活躍するプレミア12のハイライト!

 これで、海外FA権を行使した西武の秋山翔吾、菊池と同じポスティング制度でのメジャー移籍を望むDeNAの筒香嘉智の3人が、今オフのメジャー移籍を目指すことになった。

 この3人の「挑戦」には、ただただ賞賛を送りたい。
 
 彼ら3人の力量であれば、国内にとどまっても、それなりの立ち位置で君臨できただろう。当然、金銭面も含めてのことだが、それを分かっていながら、その身一つで海外へ挑戦する。その心意気には感服するばかりだ。

 彼らのメジャー挑戦は、大きな足跡を残すのではないかと個人的には思っている。
 
 というのも、3人はかつての名プレーヤーと比べて、メジャーでの成功がやや厳しいとの評価をされている。もしかしたら、日本での待遇より悪くなり、レギュラーを確約されることはないかもしれない。しかしそれを承知で挑戦を決断したことに、大きな意義がある。
 
 3人の挑戦がかつての選手たちと事情が違っているのは、彼らの年齢、ポジションが現在のメジャーリーグにおいて、厳しい状況に置かれているからに他ならない。

「秋山選手が25歳だったら、そりゃ、問題なく手を上げますよ。でも現状、うちの外野手は埋まってますからね。秋山選手より若い選手たちがいます。秋山選手の力量云々が、ということではなく、現実はそうなっているということ。うちにどんな選手が今レギュラー張っているか、見てくださいって話です」

 そう語っていたのは、ナ・リーグのあるスカウトだ。
 秋山の能力が素晴らしいのは周知のこと。しかし、ここ何年も地区優勝をして、ワールドチャンピオンを狙うようなチームからしれみてば、秋山の年齢を鑑みると、ポジションはないということだ。

 秋山に限らず、同じ外野手の筒香にも言える。いやむしろ、筒香のほうがハードルは高い。秋山は(少なくとも日本では)センターを守れるだけの運動能力を誇り、走塁面でも貢献できる。しかし筒香は、守備はほぼレフトに限定され、守備力も走力も優れているわけではない。

 となると、侍ジャパンの4番に座り、16年に本塁打王と打点王を獲得したバッティングが肝となるわけだが、話はそう簡単ではない。今シーズン、メジャーでは歴代最多の本塁打が飛び交った。そして、実に130人の選手が20本塁打をクリアしている。メジャーに馴染みのない人からすれば「MLBで20本、すごい!」と感じるかもしれないが、20発ラインはある意味、「平均点」とすら言える。しかも、その130人の中には、捕手も遊撃手もセンターもいる。「打撃だけ」の選手が生き残るには、相当に打たなければいけないのだ。

 菊池にしても、日本屈指の守備力を誇るのは間違いない。しかし、メジャーリーグの現状、打者によってポジショニングを極端に変えて守るから、菊池の広い守備範囲が生かされるとは言い難い。また、日本でもハマる投手には固め打ちができるものの、そうでないと見込みが下がる打撃で勝負しなければいけない。四球の少なさを含めると厳しい現状にさらされるということである。

 しかし、だからといって、彼らはメジャー挑戦をやめるべきなのだろうか。

1/2ページ

最終更新:11/9(土) 18:49
THE DIGEST

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事