ここから本文です

ドイツの育成改革者が説く「認知」を鍛える新アプローチ

11/9(土) 12:43配信

footballista

「プレースピードを上げたいのなら、足のスピードではなく頭の回転のスピードを上げなくてはならない」。このラルフ・ラングニックの教えに従い、母国ドイツは育成から選手たちの頭を鍛える新たなアプローチを導入しようとしている。ラングニックらが志向する「ストーミング」を特集した『月刊フットボリスタ75号』では、育成改革の仕掛人マティアス・ロッホマン教授へのインタビューを収録。発売に先駆けてその前半部分を特別公開!

インタビュー・文 足立真俊(footballista編集部)

「ゲームインテリジェンス」とは?

フットボールで起こるミスのうち
70%は認知/状況判断/決断が原因


──日本へようこそ。まずはあなたのキャリアについてうかがわせてください。かつては指導者として、あのユルゲン・クロップとも働かれていたそうですね。


 「ユルゲンがトップチームの監督だった頃と重なる2003~2006年、私もマインツのU-15チームを指導していたんだ。UEFA-Aライセンスも保持している。その後はベルギーのDouble PASS社が開発した育成評価システムをブンデスリーガの様々なクラブで導入したり、彼らのコンサルティングをしたりしていたよ。今は、ドイツにあるエアランゲン・ニュルンベルク大学で教授をやっている。スポーツ科学やスポーツ医学の講義をしたり、デバイスや育成プログラムを開発したりしているんだ」


──育成プログラムというのは「FUNino」(フニーニョ)のことでしょうか?


 「私たちが進めているプロジェクトは『ゲームインテリジェンス・アプローチ』と呼ばれている。2年間ですべての子供たちが年代ごとに細かく分けられた試合形式でプレーすることを目標にしているんだ。フニーニョはその一環だね」


──ドイツは指導者育成に力を入れていた印象が強いですが、育成プログラムそのものを変えようとしているということでしょうか?


 「そうだね。例えば昔、伝染病が大流行していたのにそれが突然ピタリと止んだ。それはある環境医学が働いたからだが、何が変わったおかげだと思う?」


──環境医学ですか。うーん……。


 「答えは『水』だ。人々が日々使う水を浄化したことで伝染病の感染者数が大幅に減ったんだ。では、『水を浄化しろ!』と呼びかけるのと、あらかじめ浄化した水を提供するのとでは、どちらの方が効率的だろう?」


──後者でしょうか?


 「その通り。つまり、環境そのものを変えなくして、人間は変わらないということさ。40年間過ちを繰り返してきた育成プログラムの改革に私たちが着手しているのも同じことだよ。確かにドイツサッカー連盟は『指導者を育てろ! 指導者を育てろ!』と言い続け、まずは人間を変えようと何百万ユーロも投じてきたが、結局そうやって育てられた指導者たちも“古臭い”スタイルに毒されてしまった。指導者ありきの育成では投資した金額に見合わない。非効率的だよ」


──そうして生まれたゲームインテリジェンス・アプローチは、どのようなコンセプトなのでしょう? “ゲームインテリジェンス”という言葉はヨハン・クライフも口にしていましたが、解釈が難しく想像もつきません。


 「ならば講義をしよう。ゲームインテリジェンスには4つのプロセスがある。まずは『認知』――一度ゲームが始まればピッチ上で何が起こっているのか認知しなくてはいけないだろう?次に『状況判断』――そこで認知した状況を頭で理解し、次の状況を予測する。そして『決断』――A、B、Cという選択肢の中から最適解を選ぶ。そうして最後に『実行』へ移るわけだ。そのプロセスを通じて『時間』『スペース』『ボール』という相関した3つの要素をコントロールするのがフットボール。このセオリーがゲームインテリジェンスなんだ。では、こうしたプロセスは何秒間で行われるだろう?」


──ほんの数秒でしょうね。


 「平均しておよそ3秒。そのプロセスがフットボールでは連続して行われるんだ。3秒、3秒、3秒…。つまり90分間プレーするとなれば、選手1人あたりこのプロセスを平均1800回繰り返すことになる。チームで計算するとおよそ20000回だ。では、認知プロセスを22000回行っているチームAと18000回行っているチームBが対戦したとしよう。勝利する可能性が高いのはどちらのチームかな?」


──より多く認知プロセスを行っているチームAでしょうか?


 「そうだ。もちろん勝つと断言することはできないが、より効率的なチームは勝利する可能性を大きく高めることができる。こうしたゲームインテリジェンスを練習から鍛えるために、私たちは練習に14の評価項目を設けているんだ。試しに世界中で見られるコーンドリブルの練習を分析してみよう。この練習で認知は鍛えられるかい?」


──首を振る必要がないでしょうから鍛えられませんね。


 「状況判断は?」


──こちらも鍛えられないでしょう。


 「決断は?」


──ジグザグにドリブルするだけで他に選択肢がありませんから鍛えられませんよね。


 「では、実行は?」


──実行は鍛えられるのではないでしょうか?


 「残念。確かに量は多いが、質に問題があるんだ。ああいったプレッシャーのない状況下でのドリブルは、フットボール固有の動きではないから実行においても十分とは言えない。つまり、こんな練習は“クソ”だが世界中で行われているのが現状だ」


──“クソ”ですか(笑)。


 「現場では70%の指導がそうやって実行だけにフォーカスしていて、認知/状況判断/決断にフォーカスしている指導はたった30%にとどまっている。つまり、多くの指導者がフットボールで起こるミスのうち70%は認知/状況判断/決断が原因で、あとの30%が実行だということを知らないんだ」


──ゲームインテリジェンス・アプローチを推進されているのはそうした背景があるわけですね。


 「ゲームインテリジェンス・アプローチは育成から実行だけでなく認知/状況判断/決断を同時に鍛えてミスを減らす。これはフットボールをプレーしたことがない研究者が考えた机上の空論ではないんだ。実践的なアプローチとして、ユリアン・ナーゲルスマンやトーマス・トゥヘルなど新世代の指導者たちも導入しているからね。ただ、私は彼らのように第一線で戦う指導者だけでなく、世界中の育成に携わる指導者に普及させたいと考えている。すでに中国、コロンビア、ハンガリーといった国々で紹介しているように、このアプローチを使って世界中で蔓延している“古臭い”指導法を変えたいんだ。つい先日も、コロンビアで働いている同志からビデオが送られてきて『このアプローチならコロンビアを変えられる!』と言っていたよ。日本も変えられればいいね(笑)」

1/2ページ

最終更新:11/10(日) 14:35
footballista

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事