ここから本文です

「ワクチン・砂糖・牛乳NG!」妻が溺れる自然派生活と作務衣の男

11/9(土) 10:04配信

Suits-woman.jp

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者は男性です。波田翔平さん(仮名・39歳)は、都内の機械製造メーカーに勤務するエンジニアです。結婚5年になる同じ年の奥様と、3歳の娘が突然家出をしてしまい、全く連絡が取れないことから、私たちに調査を依頼されました。

「この連載を読んでいて、かなりの率で証拠を押さえていることを知っており、ワラにもすがる思いで相談に来ました」

相談というのは、奥様とお嬢様が行方不明になってしまったことです。

「妻と私は、娘が生まれてから都内のマンションを引き払って、鎌倉に引っ越してきたんです。それもすべて娘の教育のためでした。妻はそれまでSEとしてバリバリ働いていて、コンビニ飯とファストフードをこよなく愛する人だったのです。しかし、生まれた娘に様々なアレルギーとアトピー性皮膚炎があることがわかってから、今までの生活を猛省して、マクロビオティックっていうんでしょうか、自然派の生活に切り替えたのです」

奥様は口にするものは、全てオーガニック食品。無農薬、化学調味料無添加、保存料無添加のものを選ぶようになり、精製した白砂糖、塩、砂糖と、牛乳や卵などをシャットアウトするようになったとか。

「すると、食費がものすごいことになるんです。私は、手取りで月40万円くらいなので、そんなに給料は悪い方ではないと思うのですが、毎月20万円くらいの食費が飛んでいく。お米も新潟の農園のものを取り寄せていたんです。こっちが高いお米を送料払って購入しているのに、何万円も払って、娘と稲作を手伝いに行ったりしているんですよ。でも忠告すると『私が独身時代にひどい食生活をしていたから、この子がアレルギーになった』って激怒した後に号泣するから何も言えないんです」

夫婦関係は、娘が生まれた3年間で悪化していったそうです。

「味気のないものを食べさせられて、洗い上りがスッキリしないシャンプーを、環境のために使わされる。まあそれでも娘がかわいいので、しょうがないと思っていたのですが、3日前に『あなたとはもう一緒に生きられない』と書置きを残して、妻とは連絡が取れなくなってしまったのです」

家に帰ったら、奥様と娘さんのものがほとんどなくなっていたそうです。直近に何があったのか、細かく伺いました。

1/2ページ

最終更新:11/9(土) 10:04
Suits-woman.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事