ここから本文です

【RISE】那須川梨々がバチバチの打ち合いで百花にリベンジ

11/9(土) 6:32配信

ゴング格闘技

2019年11月8日(金)東京・新宿FACEにて、RISE初となる女子だけの大会『RISE GIRLS POWER』が開催された。

【写真】兄・那須川天心と那須川梨々

▼セミファイナル(第6試合)アトム級(-46kg)3分3R延長1R
×百花(魁塾/NJKFミネルヴァ日本アトム級王者)
[判定0-3] ※28-29,28-29,29-30
○那須川梨々(TEAM TEPPEN/2017年KAMINARIMON全日本女子-45kg級優勝)

NJKFミネルヴァ日本アトム級王者・百花(魁塾)と那須川天心の実妹・那須川梨々(TEAM TEPPEN)が再戦。両者は2018年11月のRISEで対戦し、プロ2戦目の那須川に判定2-0で百花がプロ初黒星を付けている。

1R、那須川、百花ともにオーソドックス構え。百花の蹴りに右ストレートを合わせる那須川。アゴが上がる百花。さらに百花の左右パンチを前蹴りでストッピングする。

右ミドルで入る那須川。そこに右を狙う百花。那須川は右ロー。百花はワンツーでの飛び込みも互いに深追いはせず。那須川の入りに今度は百花が右前蹴りを決める。

2R、互いに右が交錯。左ローの百花に右後ろ蹴り・バックフィストは那須川。ともにブロックする。近い距離で気持ちのぶつかり合いのなか、左前蹴りを高く打つ那須川に百花も左前蹴り。那須川の左に右をかぶせる百花は右ボディも。那須川も左フックを返す。前蹴りから右・左を打つ那須川。しかしパワフルな百花も詰めて右ストレート!

3R、右の前蹴りから詰める那須川。さばいて右振る百花はパンチ主体。右ストレートから右ミドルにつなぐ那須川。近い距離は百花の右が当たる。右の前蹴りで前に出る那須川。喉元に高い打点で入れる。

百花もパンチの打ち終わりに前蹴り。那須川が右を当てれば、百花も左を返す激闘い。バチバチの打ち合いの3Rが終了のゴング。

判定は0-3(28-29,28-29,29-30)で蹴りを織り交ぜた那須川が接戦を制して勝利。リング上で那須川梨々は、「自分でももっと攻めが必要な試合でしたがリベンジできて、作戦も立ててよかったと思います。皆さんどうでしたか? 友達も来てて勝ててよかったです。まだまだ課題はありますが、これからもよろしくお願いします」と、再戦での勝利に大きな笑顔。

「1・2Rはヒットを当てて待つ作戦だったのがハマった」と語った天心とともに記念写真に収まった。

最終更新:11/9(土) 6:32
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事