ここから本文です

アストンマーティンが発表したバイク「AMB001」が話題に

11/9(土) 19:30配信

webオートバイ

イギリスが誇る高級バイクメーカー「ブラフ・シューペリア」とのコラボ

クルマ好きな人なら一度は聞いたことのある有名ブランドの1つがアストンマーティン。イギリスが誇るスーパーカーメーカーで、あの「007」シリーズの主人公、ジェームズ・ボンドの愛車としても有名。近年ではルマン24時間レースやDTMにも参戦しています。そんなアストンマーティンがバイクを造ったら…という、夢のようなお話がなんと実現したのです!

アストンマーティンが発表したバイクの写真(20枚)

それがイタリアミラノのEICMA2019で発表された、このバイク「AMB001」。開発・製造を担当するのはブラフ・シューペリア。こちらも歴史ある名門メーカーで「アラビアのロレンス」の主人公の愛車で有名。その高級、かつ乗り心地のよさから「バイクのロールスロイス」と形容されるほどのメーカーです。ちなみに、アストンマーティンは創業160年、ブラフ・シューペリアは今年で創業100年。イギリス自慢の2大老舗メーカーの夢のコラボとなりました。

車名の「AMB001」の「AMB」は、アストンマーティンとブラフ・シューペリア、それぞれの頭文字を取ったもの。両者のコラボの第一弾、という意味なんだそうです。

搭載されるエンジンは、排気量こそ公表されませんでしたが、リッタークラスのDOHC Vツインにターボチャージャーとインタークーラーを備えたもの。アストンマーティンと名乗るからにはそれなりのスペックに、というリクエストにブラフ・シューペリアが応えたもので、パワーは180PS。これを搭載するAMB001の車重は180kgに抑える予定だそうで、数字を聞いただけでも、相当なパフォーマンスを発揮しそうなのがわかります。

松本正雅

最終更新:11/9(土) 19:30
webオートバイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事