ここから本文です

ダンプ松本、私生活でもヒール貫いた「母が謝罪して回って…」

11/9(土) 20:31配信

SmartFLASH

 11月6日放送の『すじがねファンです!』(テレビ朝日系)で、ダンプ松本が不遇の生い立ちを語り、指原莉乃が涙を流した。

 ダンプは女子プロレスラーになった理由について、父親のDVや借金などがあり、「無茶苦茶だった」と明かす。「OLよりプロレスラーの方が給料がいいと雑誌に書いてあった。頑張ればお金がもらえるからプロレスラーを選んだ」と語った。

 ヒールとしてハサミ、フォーク、一斗缶など凶器を使って暴れまわったため、アンチから母にまで苦情が行き、実家に石を投げられたという。母は試合会場に行くと、裏側で「うちの娘がごめんなさい」と対戦相手の長与千種らに謝っていたという。

 ダンプは「その姿を見るとウルウル来た」と回想。ダンプは母に「今までで1番悪いヒールになるから、迷惑かけるけどごめんね。そのぶん、おいしいものを食べよう」と書いた手紙を渡していたという。

 実家には苦情が来る一方、近所の人から母にダンプのサインを求められることも。だが、ダンプは「『家に来たらダンプは優しい』とかはあっちゃいけないから」と、色紙を家の前でぶちまけていたという。そのため母は、近所の人ひとりひとりに一升瓶を持って、謝りに行っていたという。

 私生活でもヒールを貫いていたダンプのストイックな姿に、指原は「本当にかっこいい……」と涙していた。
 
 現在は母に心から感謝しているダンプ。2018年5月13日の母の日には「お母さんありがとう。長生きしてね」と感謝をつづっていた。壮絶な経験をくぐり抜けた親子だけに、強い絆で結ばれている。

最終更新:11/9(土) 20:31
SmartFLASH

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事