ここから本文です

【奇跡のアラフィフ】君島十和子さん&水谷雅子さんが実践するお風呂ビューティ

11/9(土) 20:40配信

集英社ハピプラニュース

リラックスしながらキレイになりたい……そんな願いを叶えてくれるのが毎日のバスタイム。時間がない時、疲れている時でも実践できる、自分磨きのコツを君島十和子さん&水谷雅子さんに教えてもらいました!

【写真】君島十和子さん&水谷雅子さんもおすすめの「エイジングケア」をもっと見る

Q.子どもが小さいのでお風呂は戦場。週末だけでもリカバーできる方法、ありますか?(専業主婦・三角サンドイッチさん)

A.入浴剤で温浴効果をアップ
by 君島十和子さん

「体が冷えると疲れやすく、肌トラブルにもつながるので、子育て中でも肩までつかるようにしていました。もちろん入っていられる時間は一瞬でしたが(笑)。入浴剤を入れると温浴効果が高まるので、短時間でも温まりますよ。好きな香りを選んでリラックスしてください。二の腕や太もも、お腹などお肉が気になる部分は洗いながらマッサージするのがおすすめです」

A.まずは湯船にゆっくりつかること!
by 水谷雅子さん

「香りのいいバスソルトを使ったり、のんびりつかるだけでも気持ちが満たされてリラックスできるはず。ゆっくり10分以上つかることで、冷え性改善にも効果的です。かっさやローラーを持ち込んで、つかり“ながら”マッサージすれば時短も叶います」

Q.お風呂に入りながらできる美のアイデアはありますか?(専業主婦・美和子さん)

A.シャワーで末端の血流を促進
by 君島十和子さん

「湯船でしっかり温まったら、出る前にシャワーを水にして顔やひざ下、指先などの末端を冷やしてから出ると血流が促進されてむくみもとれます。水をかけるだけなら、疲れて何もしたくない日でも実践できるはず」

A.かっさやヘッドブラシをフル活用!
by 水谷雅子さん

「湯船で体を温めながら、かっさでフェイスラインをあご→耳へと持ち上げたら、首からデコルテに向けて流すようにマッサージ。髪を洗う時はヘッドブラシで小さく円を描きつつ頭頂部まで皮膚を引き上げるイメージで洗うとスッキリ」

撮影/城 健太〈vale.〉 ヘア&メイク/黒田啓蔵〈ThreePEACE〉(君島さん分) 室岡洋希〈ThreePEACE〉(水谷さん分) スタイリング/江島モモ(君島さん分) 柿原陽子(水谷さん分) 取材・文/国分美由紀 構成/織田真由〈MAQUIA ONLINE〉

君島さん着用分:すべてスタイリスト私物
水谷さん着用分:すべてスタイリスト私物

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。

最終更新:11/9(土) 20:40
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事