ここから本文です

ボルトも吐きながら走っていた “世界2位の日本人”が体感した「天才」コーチの練習

11/9(土) 13:33配信

THE ANSWER

【ビーチフラッグス・和田賢一が追求する“走りの技術論”|第2回】トップスプリンターが集結するジャマイカでの“闘い”

 2014年11月、ビーチフラッグスで“世界ナンバー2”まで上り詰めた和田賢一は、走力を磨くためにジャマイカへ飛んだ。

 この年の全豪選手権で和田は準優勝していた。スタートダッシュのテクニックを極めた成果だった。

 ビーチフラッグスでは、全豪選手権が最高峰の大会である。決勝戦で勝者と敗者を分けたのは、わずかに10~20センチ。優勝したのは、和田が直前の大会で勝っていた相手だった。また全豪11度の優勝を誇る伝説の王者サイモン・ハリスにも、同選手権の前哨戦と言われる州大会では勝つことができた。

 世界のトップグループに食い込み、頂点に肉薄しているのは紛れもない事実だった。だが「そのなかでタイトルを獲れるかどうか、その明暗を分けるのが運ではないのか?」と問うと、和田はきっぱりと否定した。

「ビーチフラッグスは100年以上の歴史を持つ物凄く洗練された競技なんです。運じゃない」

 つまり和田は10センチの僅差を、運に頼ることなく実力でつかみ取るために、世界一のスプリンター、ウサイン・ボルトが所属する「レーサーズ・トラック・クラブ」にやって来たのだった。

 首都キングストンに着いたのは深夜だが、街中にはレゲエが響き渡っていた。長旅を経てホテルに着くと、約束したはずなのに鍵が届いていない。物事がすべて予定通りに進む日本とは異なり、こうしたトラブルは日常茶飯事だった。それでも幸運なことに、現地で交渉の末に大学敷地内にある寮に入れてもらうことができた。

「調理師や栄養士がいて、食事の心配が要らない。本来は諸外国の有望な選手だけが入寮を許されていました」

 クラブにはボルトを筆頭に、2011年韓国・大邱で行われた世界陸上の100メートルを制したヨハン・ブレーク、2012年ロンドン五輪200メートル銅メダルのウォーレン・ウィアなど錚々たる顔ぶれのトップスプリンターが集結し、カリブ海諸国やアジアから来た将来性豊かな選手たちも一緒にトレーニングを積んでいた。

1/3ページ

最終更新:11/13(水) 16:22
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事