ここから本文です

井上尚弥戦を担当 名物リングアナが“怪物の左ボディ”絶賛「獰猛と呼ぶしかない」

11/9(土) 15:03配信

THE ANSWER

決勝のリングアナを務めたフローレス氏「まさに伝説の一戦でした」

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSSのバンタム決勝はWBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ち。WBSS制覇を見事に果たした。この一戦を誰よりも間近で見守ったのはリングアナウンサーのレイ・フローレス氏。試合後のリング上でドネアをマットに沈めた左のボディフックを「獰猛」と絶賛したWBSS名物アナは世紀の一戦をどう見たのか。「THE ANSWER」の単独取材で語った。

【画像】「涙が出る寸前だった」と海外反響! 激闘直後に痛々しく腫れた右目、その表情は…井上がドネアと撮影した“舞台裏2ショット”の実際の写真

 WBSSならでは壮麗な白いライティングから赤く照らされたリング。大興奮のゴング前を名調子で盛り上げたのはWBSS公式リングアナウンサーを務めるフローレス氏だった。

「ミナサン、コンバンハ! レディース・アンド・ジェントルマン、グッドイブニング・アンド・ウェルカム・トゥ・スーパーアリーナ!」。美しい声で決勝開幕を告げると、2万2000人の観衆で埋め尽くされた会場は沸き上がった。

 WBSS、そして、23日に行われる世界ヘビー級タイトルマッチ、デオンテイ・ワイルダー―ルイス・オルティス戦のリングアナも務める同氏。数々の名勝負を一番近くで目撃してきたが、この試合は別格だったという。

「まさに伝説の一戦でした。接戦でしたが、最終的にモンスターが勝利しました。判定は間違いなく正しい。強い方が勝利した。ですが、この試合でノニト・ドネアはさらなるレガシーを残したと思います。彼は負けはしましたが、彼の名声はこれでさらに高まりました。36歳にしてあのハードな戦い。脱帽するしかありません。彼はモンスター相手に勇敢に戦い抜いた。だからこそ、名勝負が生まれた。あのナオヤ・イノウエに全ての試練を与えたのですから」

 試合後、取材に応じて語ったフローレス氏。19戦全勝のモンスターをギリギリまで追い詰めた36歳のレジェンドの獅子奮迅のパフォーマンスに脱帽した様子だった。

1/2ページ

最終更新:11/9(土) 16:28
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事