ここから本文です

“戦隊美女”奥山かずさ、事務所の“都市伝説”に言及も「あえて恋愛禁止で(笑)。結果を残す1年に!」

11/9(土) 18:05配信

ザテレビジョン

女優の奥山かずさが、11月9日に東京都内で行われた自身の2020年カレンダー発売記念イベントに登場。囲み取材に応じ、所属事務所の“都市伝説”だという、「25歳恋愛解禁説」について自ら言及した。

【写真を見る】奥山かずさの“日本一美しいカラダ”が堪能できるカレンダーに!

1994年3月10日生まれ、青森出身の奥山は、スーパー戦隊シリーズ「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」(2018-2019年、テレビ朝日系)の明神つかさ/パトレン3号役で女優デビュー。

これまで数多くの雑誌の表紙・グラビアにて注目を集め、このたび自身初のカレンダーをリリースした。

女優としても飛躍した1年となったが、2019年を振り返って「今年はかなり自分にとって変化の年でした。戦隊が終わって、環境がガラッと変わったので、自分でも変わらなきゃいけないなと思いましたし、自分が変化・成長するために興味があることもないことも含め全部にチャレンジしました。

あえて居心地が悪い環境にも身を置いたりして。自分が変わっていくのが楽しい、そんな1年でした」と“変化”の大きい1年だったことを吐露。

2020年の目標については「『結果を残す』。2020年は、これです。とにかく今年培ってきたことをしっかり出していきたいと思います。あと、(所属する)オスカープロモーションは25歳から恋愛禁止が解禁されるっていう都市伝説があるので(笑)。

私も去年すごくいろんな方に『恋愛解禁の年ですね』って言われたんですけど、図らずしてそういう生活とは無縁になってしまったので、来年は…と言いたいところですけど、あえて自分のルールとして『恋愛禁止』で! 

恋愛とは無縁な生活を送って、その分仕事に覚悟を持ってしっかり結果を残す、そんな1年にしたいと思います」と意気込んだ。

■ “恋愛解禁”は「ゴールにたどり着いたら」

では、どうすれば恋愛解禁になるのかを聞かれると「やっぱり夢がかなったら…。自分で自分を認めることができたらっていうのは変ですけど、自分の中にある『ゴール』にたどり着いたら、他のことにも視野を広げていこうかなって思います。ゴールというのは女優とか、今の仕事でのことなんですけど」と明かす。

その流れで、好きなタイプの男性については「あ~そうですね…(笑)。前はすごくこだわりがあったんですけど、そういうことと遠ざかっていると何でもよくなる(笑)。

強いて言えば、あまりこだわりが強くない人。この枕じゃなきゃ寝られないとか、この歯ブラシじゃなきゃ歯を磨けないとか、大雑把な人。私もたぶん大雑把なので、それに合わせられる人ですかね(笑)」と回答した。

最後に「今年、戦隊が終わった後も、ちょっとずついろんな作品に出させていただいたんですけど、やっぱり女優の仕事は楽しいなと思いましたし、自分の足りないところもたくさん見つかったので、それを埋めていければ。

仕事が楽しいっていうパッションで、そこはブレずにやっていきたいなと思います」と力強くコメントした。

(ザテレビジョン・取材・文・撮影=蒼野星流)

最終更新:11/9(土) 18:05
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事