ここから本文です

草川拓弥「仕事でも恋愛でも“好き”という気持ちが持つパワーってすごいと思う」

11/9(土) 11:04配信

ザテレビジョン

公開中の映画「どすこい!すけひら」に、知英演じるヒロイン・綾音に恋する人気アイドルの湊拓巳役で出演している草川拓弥にインタビューを敢行!自身との共通点や恋愛に関してお話ししています。

【写真を見る】「ある意味、自分の境遇と重ねながら演じることができた」と話す草川拓弥

■ 拓巳が持つスター性みたいなものを出すのは難しかった

自身もメインダンサー&バックボーカルグループ「超特急」のメンバーとして活動していることから、拓巳に共感することが多かったという草川。

「拓巳が仕事に追われている中で、綾音という存在や、綾音がエステティシャンとして働くサロンが、拓巳の唯一の心の拠り所だというのにはすごく共感できました。僕も家で友達とゲームをしたり、仲間とご飯に行ったりするのがリラックスできる時間なんです。ある意味、自分の境遇と重ねながら演じることができました。ただ、拓巳が持つスター性みたいなものを出すのは難しかったです。似たような立場とはいえ、自分にスター性があるとは全く思っていないので…。人気アイドルという設定に合うように、撮影中は佇まいから仕草まで、意識しながら演じるようにしていました」

 数々の共通点がある一方、恋愛スタイルに対しては「拓巳はすごい」と感心する。

「出会ってすぐに食事に誘ったりするところとか、本当すごいなって。僕の場合は一目惚れで誰かを好きになることがないし、もし好きになったとしても、その瞬間に僕じゃ無理だってネガティブになっちゃう。拓巳みたく自分からアプローチするなんて絶対無理です。それは、自分に自信がないからなんですけど…。でも、映画の中には、『私なんて』と言う綾音に対し、拓巳が『私なんてって言うな』というやりとりが何度か出てきて、そういうのは素敵だなと思いました。人に対してはそう思えるんですけど、自分のことに関しては、昔からずっとこんな感じなので変わらないみたいです(苦笑)。唯一、自信があることと言えば、何かをデザインすること、クリエイティブすることは、ちょっとだけ長けてるのかなと思います。超特急でもツアーのグッズを作ったり、衣装を担当させてもらってるので。仕事でも恋愛でも、〝好き〟という気持ちが持つパワーってすごいと思うんです。この映画にもそういうメッセージが込められていると思います」

■ 自分が出演する作品の主題歌を超特急が歌うというのは、僕の中で目標にしていたことの一つだったんです

 劇中で拓巳が恋する綾音は、かつて「どすこい」と呼ばれるほど太っていた過去を持つ女性。草川自身は女性の外見に関してはどのように思っているのだろうか?

「僕、自分が痩せ過ぎなので(苦笑)、健康的な方が一番だと思っています。でも、外見より、見ているものや好きなものが同じことの方が、僕はうれしいですね。もしかしたら、恋につながるという可能性もあるかもしれないですし」

 また、今作の主題歌は超特急が担当することでも話題だ。

「今まで公の場で口にしていたわけではないんですけど、自分が出演する作品の主題歌を超特急が歌うというのは、僕の中で目標にしていたことの一つだったんです。特に今回のようにガッツリ出演もして、主題歌にも起用されてというのは、6年前の『ウルトラマンギンガ』以来だったので、すごくうれしくて。主題歌になっている『Don‘t Stop 恋』という曲も、この映画のために書き下ろしたもので、テンポと言い、曲の構成と言い、ジェットコースターみたいなストーリーにめちゃくちゃ合ってるんです。1曲で3曲分くらいある面白い曲なので、エンドロールまでたっぷり楽しんでほしいなと思います」

(ザテレビジョン・取材・文=片貝久美子)

最終更新:11/9(土) 11:04
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事