ここから本文です

バイエルン新監督は? ベンゲルと接触も…元スペイン代表MFシャビ・アロンソ浮上

11/9(土) 8:30配信

Football ZONE web

バイエルンとベンゲル氏が連絡を取り合うも監督就任の可能性は消滅か

 ニコ・コバチ監督が退任し、次なる指揮官を探しているバイエルン・ミュンヘンは、元アーセナルの指揮官で現在フリーのアーセン・ベンゲル氏を就任させる可能性について議論した模様だが、最終的に他の選択肢を模索しているようだ。ドイツ紙「ビルト」の情報を引用する形で米スポーツ専門局「ESPN」が報じた。

 コバチ監督の退任が決まったバイエルンは、新指揮官の招聘に向けて動き出しており、ベンゲル氏がクラブCEOのカール・ハインツ・ルンメニゲ氏に連絡を取り、自身の立場について話し合ったとされている。

 連絡を取り合ったうえで、チームとしてはベンゲル氏ではなく、新たな選択肢を探すことに決めたようだ。クラブ側はドイツ紙「ビルト」に対して議論したことを認めたと伝えている。

「水曜日の午後、ベンゲルはルンメニゲに電話をかけ、バイエルンの監督に対する基本的な関心を示した。ただ、アーセナルでの監督としての仕事を高く評価しているが、バイエルンの監督として就任することはない」

「ESPN」の情報によれば、ベンゲル氏はバイエルンが要求するシーズン終了までの短期契約を受け入れられなかったようだ。

 これまでパリ・サンジェルマンのトーマス・トゥヘル監督、アヤックスのエリック・デン・ハーグ監督、元ライプツィヒの監督であるラルフ・ラングニック氏の名前が挙がっていたが、どの監督もバイエルンを指揮しないことを表明している。

 もう一つの選択肢としてレアル・ソシエダBを指揮し、かつてバイエルンでプレーしていたシャビ・アロンソ監督の名前が挙がっているが、果たして次の指揮官は誰になるのだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:11/9(土) 8:30
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事