ここから本文です

リバプールFWサラー、“優勝争い”の話題を牽制 「タイトルの話をするのは早すぎる」

11/9(土) 13:50配信

Football ZONE web

10日に2位シティとの首位攻防戦も自然体を強調「気にしすぎれば…」

 プレミアリーグ首位を走るリバプールは、現地時間10日のリーグ第12節で2位マンチェスター・シティと対戦する。優勝候補同士による注目の一戦となるが、リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーは、「タイトルの話をするのは早すぎる」と周囲の関心の高さに釘を刺した。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

【写真】サラー、壮麗な海を背景に撮影した“セクシーな肉体美”

 プレミアリーグは現在第11節まで終了。リバプールは10勝1分と唯一無敗を維持し、勝ち点31で首位に立っている。それを追いかける2位シティは8勝1分2敗の同25。この上位2クラブが次節、リバプールの本拠地アンフィールドで激突する。

 リバプールは直接対決に勝てば、ライバルとの差を9ポイントに広げることになる。タイトルレースで非常に優位な立場となることは確かだが、エースのサラーは「昨年も我々が6、7ポイント上回っている12月の時点ですべて終わったと話している人がいた」と回想。シーズンを折り返していない現時点で、タイトルについて言及するのは時期尚早だと警告した。

「まだ11月だ。プレミアリーグ(のタイトル)について話すにはまだ早すぎるよ」

 昨季リバプールはシティに勝ち点1及ばず、惜しくもリーグタイトルを逃した。その苦い思いを経験しているだけに、サラーは「どんなことを期待されているかは気にかけていない。僕がゴールを決め、チームが勝てばそれでいい。気にする必要はない。気にしすぎれば過剰なプレッシャーになり、パフォーマンスにも悪い影響が出る」と目の前の試合に向けて集中力を高めていた。

Football ZONE web編集部

最終更新:11/9(土) 13:50
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事