ここから本文です

セルビア代表MFマティッチが今冬にマンU退団か インテルのコンテ監督が獲得を熱望

11/9(土) 22:30配信

Football ZONE web

スールシャール監督の下では出場機会が激減 他クラブからは獲得を望む声も上がる

 マンチェスター・ユナイテッドのセルビア代表MFネマニャ・マティッチは、今冬の移籍市場で退団する可能性が極めて高くなっているという。英地元紙「マンチェスター・イブニング・ニュース」が報じている。

 マティッチは昨季途中までのジョゼ・モウリーニョ監督には重宝されてレギュラーをつかんでいたが、現在指揮を執るオレ・グンナー・スールシャール監督からの評価は決して高くない。思うように出場機会を得られない状況だけに、他クラブから獲得を望む声も出ていた。

「マンチェスター・イブニング・ニュース」は、ユナイテッドが冬の移籍市場でマティッチを手放すことを「確信的なもの」として、移籍への流れは出来上がっていると伝えた。なかでも、今季からインテルに就任したアントニオ・コンテ監督が獲得を熱望し、イタリア行きが濃厚になっているという。

 コンテ監督はUEFAチャンピオンズリーグと並行して戦っている日程の中で、選手層が薄いことへの不安を吐露。また、その戦術も中盤でファイターのように戦いながら組み立てもできるという万能型を必要とすることから、マティッチは補強の条件に合致している。

 あと約2カ月でオープンする冬の移籍市場だが、マティッチのユナイテッド退団とイタリア行きは、早い段階で決定しても不思議ではないかもしれない。

Football ZONE web編集部

最終更新:11/9(土) 22:30
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ