ここから本文です

CL公式が印象的な“今節の3シーン”厳選 スーパープレー映像に反響「レベルが違う」

11/9(土) 20:50配信

Football ZONE web

CL第4節の印象的に残ったシーンを公開 「スーパーヒーロー」とジエクのFKを推す声多数

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)公式ツイッターは、現地時間5日と6日に行われたグループステージ第4節の全16試合から印象的なシーンを厳選。アヤックスのモロッコ代表MFハキム・ジエクのゴールなど三つのシーンを公開している。

【動画】「レベルが違う」と反響! 華麗FKからスーパーセーブまで、CL公式が厳選した3大プレー

 CLグループステージ第4節は、チェルシー対アヤックス(4-4)やレアル・マドリード対ガラタサライ(6-0)など全16試合が行われ、パリ・サンジェルマン、バイエルン、ユベントスの3チームが決勝トーナメント進出を決めた。

 激戦が繰り広げられた第4節の試合のなかから、CL公式ツイッターが3シーンを厳選して公開。どのシーンが良かったか、ファンのアピールする投稿で盛り上がっている。

 最初に紹介されたシーンはグループHのチェルシー対アヤックスの試合で、前半35分に右サイドから蹴られたジエクのFKだった。CKと同様の位置からのFKをジエクが左足で蹴り、ゴールに向かって曲がっていったボールは、スペイン代表GKケパ・アリサバラガの頭上を越えてファーサイドのポストに当たった。その跳ね返ったボールがケパに当たりゴールとなった、アヤックスの4点目が選ばれている。

 二つ目はパリ・サンジェルマン対クラブ・ブルージュ(1-0)に試合で、後半31分にPKを止めたパリ・サンジェルマンのコスタリカ代表GKケイラー・ナバスのセービングが取り上げられている。

 最後はレアル・マドリード対ガラタサライの試合でハットトリックを決めたU-22ブラジル代表FWロドリゴの得点シーンがピックアップされた。前半7分に決めた2点目のゴールで、左サイドからブラジル代表DFマルセロが右足で入れたクロスに、走り込んで頭で合わせたシーンが選ばれた。

 この映像を見たファンはさまざまな意見を投稿しているが、「我々のスーパーヒーロー」「間違いなくジエクのゴール」「ロドリゴのパフォーマンスは好きだが、ジエクはレベルが違った」といったように、ジエクのFKを推す声が多い。その他には、急遽GKをやることになったマンチェスター・シティのイングランド代表DFカイル・ウォーカーのシーンを挙げるファンもいた。

 CLのグループステージも残すところあと2節となった。残りの32試合でも今節と同様に印象的なシーンが生まれることだろう。

Football ZONE web編集部

最終更新:11/14(木) 16:40
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ