ここから本文です

67歳女性が女児出産、天から授かった!と名前は「天賜」

11/10(日) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 中国東北部山東省棗荘(そうしょう)市で、67歳の女性が10月下旬、帝王切開により2.6キロの女児を出産した。これは中国における最高齢出産記録で、これまでは2016年に男児を産んだ吉林省長春市在住の64歳女性が最高齢だった。地元紙『棗荘快報』が伝えた。

 この最高齢出産記録を更新した女性は田さんで、夫の黄さんは弁護士で68歳。黄さんによると、2人には息子と娘に加えて、大学に通う18歳の男性を筆頭に数人の孫がいる。

 このため、とくに子供をもうける予定はなかったが、「天からの授かりものだ」と大変な喜びようで、この女児の名前も「天からの授かりもの」との意味の「天賜(てんし)」と名付けている。

 黄さんは「私は110歳まで長生きして、生まれてきた娘をしっかりと育てたい」と喜びを露わにしているという。

 田さんは元看護師で、妊娠してからは克明に記録をつけるなど、自身の体調に気を付けていたが、妊娠9カ月の10月下旬には妊娠が体力的に負担になり、高血圧気味だったことから、担当の医師が帝王切開による出産を決定し、手術に踏み切った。

 田さんは同紙の取材に対して、「身体は元気だったが、手術の際は、痛くて痛くて、我慢できないくらい辛かった。目を開いていられないほどだった。無事出産できて、ほっとしている」と語っている。

 生まれてきた女児の天賜ちゃんは当初、集中治療室で育てられていたが、いまは極めて元気だという。

 中国では2人以上の子どもを生むことは法的に規制があったが、2016年に「一人っ子政策」が廃止されたことで、最近では出産の規制はかなり緩和されている。

 最高齢出産の世界記録は今年9月に男児を産んだ74歳のインド人女性、エラマティ・マンガヤンマさんで、体外受精で妊娠したという。

 田さんが中国の出産記録を塗り替えたことについて、ネット上では「67歳と68歳のカップルでも子供ができるというのは驚きだ。できるだけ長生きして、新たな命を見守り続けてほしい」などとの2人に対する励ましのメッセージが送られている。

最終更新:11/10(日) 8:15
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい