ここから本文です

「失敗」に終わった2019年ヤンキース。今オフはゲリット・コールを獲得して再び世界一を狙う?

11/10(日) 16:51配信

THE DIGEST

 ヤンキースのクラブハウスには、極めて重苦しい空気が漂っていた。メディアの立ち入りが許された後も、アーロン・ブーン監督は涙を浮かべて選手たちに声をかけ、多くの選手が名残惜しそうにハグを交わしている。

【PHOTO】艶やかに球場を彩るMLBの「美女チアリーダーズ」!

 10月19日、ヒューストンで行われたア・リーグ優勝決定シリーズ(ALCS)第6戦で、アストロズにサヨナラ負けを喫した直後のことだ。

 終戦直後のロッカールームは常に物悲しいものだが、この日の喪失感は格別だった。成功への期待が大きいほど、敗れた時の悔恨も大きい。シーズン中に103勝を挙げたヤンキースのメンバーは、それだけ自分たちの実力に自信を持ち、今季こそ世界一奪還のチャンスがあると信じていたということだろう。

「今季は失敗だよ。地区優勝して、ワールドシリーズに勝つのが目標だった。シーズン中に何勝しようと、今季は失敗だ」。デレク・ジーターから非公式スポークスマンの役目を受け継いだアーロン・ジャッジは戦いを終えて静かにそう述べた。“ヘビー級の対決”と称されたアメリカン・リーグの最強決戦。その戦いに敗れ、10年ぶりのワールドシリーズ進出は叶わなかったのだから、主砲の落胆も理解できる。
 
 もっとも、今シリーズを改めて振り返ると、第6戦も最後まで接戦を繰り広げた後でも、最終的にはアストロズが総合力で明らかに上回ったという印象が残っているのも事実ではある。

「私たちも彼らと同等の力を持っていると感じている。残念ながらスポーツとは敗者に残酷になるものだ」。ブーン監督はそう語ったものの、同意するファンや関係者は少なかったのではないか。アストロズはジャスティン・バーランダー、ゲリット・コール、ザック・グレインキーという最高級の先発投手陣を抱えている。そして打線も、ジョージ・スプリンガー、ホゼ・アルトゥーベ、アレックス・ブレグマン、カルロス・コレアを軸に、他チーム垂涎のコアメンバーを揃えている。

 これらの主軸が今シリーズでも随所に力を発揮したのに加え、ほぼ唯一の弱点とされたブルペン陣も、AJ・ヒンチ監督が上手にやりくりした。加えて走塁、守備でもヤンキースより明らかに上で、特に勝負を決めた第6戦では象徴的な2つのビッグプレーが飛び出した。

1/3ページ

最終更新:11/10(日) 19:30
THE DIGEST

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事