ここから本文です

「明日の先発は山口」プレミア12初制覇へ向けたスーパーラウンド初戦、稲葉監督は豪州の「一発を警戒」

11/10(日) 21:08配信

THE DIGEST

 プレミア12・スーパーラウンド出場チームの監督記者会見が10日、都内で開かれた。会見に臨んだ日本代表の稲葉篤紀監督はオープニングラウンドを振り返りながら、11日以降の戦いに向けた決意を語った。

【PHOTO】艶やかに球場を彩るMLBの「美女チアリーダーズ」!

「台湾ラウンドの予選3連戦。この3つを勝てたというのはジャパンにとって、大きく前に進んだと思いますし、少しずつ皆が自信を持ってくれた気がしました。非常にチームはいい状態に仕上がってきてると思います。

 明日の先発は山口(俊)投手です。スーパーラウンド初戦ということで、外の球場でありますし、非常に緊張感のあるなかスタートしますけども、また新たな気持ちで明日の初戦に臨んでいきたいと思います。

 オーストラリアのチームに関しましては、非常に個性のある投手が多く、そしてバッターも非常に強いバッターがいますので、一発を警戒しながら、明日はいい試合にしていきたいと思います」

 オープニングラウンドを勝ち抜いた4チームとの戦いで重要になるのは、どのような要素だろうか。

「私が言い続けてますコミュニケーションと結束力。より、チームがひとつになったとこ
ろが勝っていくというふうに思いますので。我々、ジャパンとしましても、より結束力を
持って臨んでいきたいと思います」

 稲葉監督は会見場に入場したときから、"戦いはもう始まっている"とばかりに表情を崩さなかった。オープニングラウンドで全勝した日本は1勝のアドバンテージが与えられた状態でスーパーラウンド4試合に臨み、6チームで上位2位以内の成績を収めれば17日の決勝へ進む。

 スーパーラウンドの日程は下記のとおり。
 

<日本代表スーパーランド日程>
11日オーストラリア戦(ZOZOマリンスタジアム)
12日アメリカ戦(東京ドーム)
13日メキシコ戦(東京ドーム)
16日韓国戦(東京ドーム)

文●藤原彬

ふじわら・あきら/1984年生まれ。『スラッガー』編集部に2014年から3年在籍し、現在はユーティリティとして編集・執筆・校正に携わる。

最終更新:11/10(日) 22:50
THE DIGEST

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事