ここから本文です

「驚くべき」「SNSでのアピールが実った」本田圭佑の異例だった“求職”にスペイン紙が驚嘆!

11/10(日) 6:34配信

SOCCER DIGEST Web

マンチェスター・Uやミランに“逆オファー”を

 オランダに新たな活躍の場を求めた日本サッカー界のカリスマへの関心は、欧州でも強まっている。

【PHOTO】日本代表の歴代ユニホームを振り返る(1992-2019)

 現地時間11月6日、元日本代表MFの本田圭佑は、エールディビジのフィテッセと2020年6月までの契約を締結した。

 今年6月にオーストラリアのメルボルン・ヴィクトリーを退団して以降、フリーの状態が続いていた本田は、自身のツイッターでマンチェスター・ユナイテッドや古巣のミランに“逆オファー”をするなど注目を集めた後、練習参加をしたフィテッセとの契約を交わし、およそ10年ぶりのオランダ復帰を叶えた。

 そんな本田の動向は欧州でも話題となっている。「ソーシャルメディアでアピールをしつづけていたホンダがフィテッセと契約した!」と驚きをもって報じたのは、スペイン紙『AS』だ。

「驚くべきことに、ツイッターを利用して、自身がフリーであることを宣伝し、新しいクラブを探していた33歳の日本人MFは、ソーシャルメディアでミランやマンチェスター・ユナイテッドに売り込んだが、最終的にフィテッセと契約した」

 オーバーエイジで、来夏に迫る東京オリンピック出場を目標に掲げている本田。それだけにフィテッセでのアピールが欠かせない。指揮官のレオニド・スルツキは、クラブの公式サイトで、次のような期待を寄せている。

「ホンダはチームにいくらかの特別なクオリティーをもたらすと確信している。中盤のすべてのポジションでプレーする準備ができている」

 異例の“SNS求職”を経て、フィテッセでのプレーが決まった本田。この新天地で結果を残し、キャリアの目標として掲げている東京オリンピック出場を果たせるのか。その一挙手一投足から目が離せない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:11/10(日) 6:34
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ