ここから本文です

未来のスペイン女王、気品と美貌を兼ね備えたレオノール王女に注目!

11/10(日) 18:21配信

ハーパーズ バザー・オンライン

スペイン王フェリペ6世とレティシア王妃の長女レオノール王女への世間からの期待値は高い。それもそのはず!10月31日に14歳の誕生日を迎えた王女は現在王位継承順位第1位。そんな未来のスペイン女王はティーンにして早くも、両親から譲り受けた気品と美貌に加え、知性もあふれんばかり。今後の成長も楽しみなプリンセスの成長を、誕生から現在まで振り返ってみよう。

【写真】お世継ぎ候補、35人のロイヤルキッズたち

2006年6月7日 ヌエストラ セニョーラ デ アトーチャ教会訪問

マドリード訪問の際に、夫妻はレオノール王女を連れてヌエストラ セニョーラ デ アトーチャ教会を訪問。この教会への訪問はスペイン王室の伝統であり、その歴史は17世紀に遡る。フェリペ6世も誕生から半年を過ぎた1968年の7月13日に訪れている。

2007年7月15日 ソフィア王女の洗礼式

2007年7月15日にサルスエラ宮殿にて行われた、妹ソフィア王女の洗礼式に出席したレオノール王女(当時1歳9カ月)。ふわふわのカーリーヘアがお似合いの愛らしいお顔は、まさに天使!

2013年4月31日 世界が見つめる美少女

この年のイースター礼拝にて。レオノール王女、6歳。美少女ぶりも注目を集める。

2017年10月31日 12歳のバースデー

レオノール王女の12歳の誕生日を記念した公式ポートレート写真であり、王女にとって初めてのソロポートレート写真。12歳とは思えない麗しいオーラに釘付け。この日は学校で友人たちと、さらに自宅では家族と誕生日をお祝いしたそう。レオノール王女はクラスメイトのために、自ら作ったスイーツを持ち寄ったとのこと。

2019年10月18日 世界を驚かせた演説

14歳の誕生日を迎える直前の10月18日、スペインで最も権威ある賞「アストゥリアス皇太子賞」授賞式の演壇において、公の場で2度目となる演説を行ったレオノール王女。自らの名前(=アストゥリアス女公)が冠された賞で、王女は次のようにスピーチ。

「スペインとアストゥリアスというふたつの言葉は、歴史がこの2語を結び付けたのと変わらぬ強さでいまも結ばれています。私は心の中でそのように感じています」と堂々と語ると、会場では拍手喝采が巻き起こり、大きな話題となった。

世界を魅了する、次期スペイン女王。ヤングプリンセスの輝かしい物語は、まだ始まったばかりだ。

最終更新:11/10(日) 18:21
ハーパーズ バザー・オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事