ここから本文です

柄ものがお気に入り!? ラテンシンガーのド派手ファッション

11/10(日) 7:04配信

コスモポリタン

近年、日本でも注目度アップ中のラテンシンガーたち。彼らのファッションの共通点といえば、とにかく柄好き、派手好き、光りもの好き! たまにぶっ飛びすぎて理解に苦しむこともあるけれど、見ているとなんだか楽しい気分になってくるのは、サルサやルンバをルーツに持つ彼らの、生まれながらのハッピーなセンスのおかげなのかも!

【写真】音楽史に残る…有名アーティストの「衝撃コスチューム」19選

バッド・バニー

ビルボードのシングルチャートNo.1に輝いたカーディ・B、J.バルヴィンとのコラボ曲「I Like It」で、一気に世界的な人気者になったプエルトリコ出身のラッパー、バッド・バニー。2017年ラテン・アメリカン・ミュージック・アワードのレッドカーペットには、キッシュなグッチのサングラスに、ラペルまで細かく刺しゅうされたグッチの新作スーツ(当時)で登場。ド派手な全身フラワープリントはもちろん、両手と胸元でギラつくダイヤモンドにも目がくぎ付け! ちなみに翌年、このアワードでアーティスト・オブ・ザ・イヤーの座に。

J.バルヴィン

カラフルで遊び心いっぱいの”これぞラテン!”なコラボコレクションをGUESSとともに立ち上げたことでも話題になった、コロンビア出身34歳のレゲトン歌手J.バルヴィン。ビルボードNo.1シングル「I Like It」のMVではカーディ・Bのバックで、スペイン語で情熱的に歌い上げながら、花柄のセットアップを着て踊りまくる姿も見もの。今年8月にダラスで行われたユーフォリア・ラティーノ・ミックス・ライブのステージには、お茶目なフランケンシュタイン柄のシャツで登場。胸元のハッピーフェイスはGUESSとのコラボ。

マルマ

YouTubeでの視聴回数10億超えのMVが3曲もあり、今年2月に公開された新曲「HP」の視聴回数も、すでに6億を超えるヒットを記録するコロンビア出身25歳のレゲトン歌手マルマ。マドンナとのコラボ曲「Medellin」のMVが公開され、話題になっている最中のMETガラの会場に、100万ドル札がプリントされたモスキーノのスーツ姿で登場。「キャンプ」がテーマで、奇抜なファッションであふれかえった会場でも、カメラのフラッシュにも負けない”FLASHY”なスタイルは、かなりの目立ち度だったみたい!

1/2ページ

最終更新:11/10(日) 7:04
コスモポリタン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事