ここから本文です

愛犬が体調を崩しがちな季節の変わり目に。免疫力アップの生活習慣3選

11/10(日) 8:30配信

いぬのきもち WEB MAGAZINE

生活習慣を改めて、免疫力を高めよう

免疫とは、細菌やウイルスから自分の体を守ってくれる、とても重要な働きです。
免疫力が高まると、病気になりにくいだけでなく、気持ちも安定。
ストレスに強く、生き生きとした心と体をもたらす効果も期待できます。

この免疫力、じつは毎日の生活習慣を少し見直すだけでアップします。
季節の変わり目は何かと体調を崩しがちなので、お世話のやり方を改めて免疫力を高めましょう!

免疫力アップのための習慣1・やさしく愛犬をなでる

大好きな飼い主さんにやさしくなでられると、愛犬は安心します。
すると副交感神経の働きが増して、免疫細胞が働きやすくなり、免疫力がアップすると考えられています。
少しでもいいので、毎日愛犬とふれあう時間をつくりましょう。

免疫力アップのための習慣2・良質な睡眠をたっぷりとらせる

睡眠は体を回復させるために重要な時間です。
ぐっすり眠ると、神経のバランスが整って、さらに免疫機能を向上できると考えられています。
夜はハウスやベッドなど、愛犬がひとりで落ち着いてゆっくり眠る場所と、静かな環境を整えましょう!

免疫力アップのための習慣3・ブラッシングで被毛から雑菌を落とす

被毛が汚れている状態だと雑菌が繁殖しやすくなります。
ブラッシングを丁寧に行い、汚れを愛犬から払い落とすといいでしょう。
とくに長毛種の犬は、毛の間に汚れがたまりやすいので、定期的に行うようにしましょう。

免疫力は、愛犬の今現在の健康だけでなく、健康寿命を延ばすためにも大切な機能です。
日ごろの生活習慣を少し見直して、免疫力アップに努めましょう。


参考/「いぬのきもち」2018年12月号『免疫力UPの習慣』(監修:動物アレルギー検査株式会社 増田健一先生)
文/h.taco

いぬのきもちWeb編集室

最終更新:11/10(日) 8:30
いぬのきもち WEB MAGAZINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事