ここから本文です

『あいのり』随一の“炎上娘”でっぱりん「ネチネチしてるやつに私の何がわかんねん」

11/10(日) 13:00配信

週刊女性PRIME

《ふざけんな》《首短いよね!!》《売名野郎》《どうしてそう自分のことしか考えられないのですか?》

 これらはインスタグラムに自分の誕生日の投稿をした女性へあてられたもの。誕生日にまでこんなコメントが相次ぐこの女性、いったい何をしたっていうの!?

顔も見せんくせに言いたいこと言いやがって

 彼女は恋愛バラエティー番組『あいのり』(フジテレビ系)の元出演者のでっぱりん(24)。博多弁の元気娘としてシーズン1(地上波'18年1月~6月)で初登場。メンバーあきらに告白するもフラレて帰国。番外編としてあきらに告白され、付き合うがすぐに破局。シーズン2('19年1月~7月)に再び登場する。3月配信分でイケメンメンバーのじゅんきとカップルになり帰国するが先月破局を発表した。

 現在は故郷の熊本でタピオカ店を期間限定でオープンしたりと、平穏な日々かと思いきや、

「必ず批判コメントが来ますね。何をしても来る。あいのりと関係のない投稿をしてもくる。顔も見せんくせに言いたいこと言いやがってイライラする」

 と、でっぱりん。炎上をものともしない彼女に話を聞いた。

「2000件を超える批判コメントが来て驚きましたね。私のことがネットニュースにも出とるし」

 でっぱりんは叩かれた当時をそう振り返る。

「最初の炎上はシーズン1の“ハト胸”とのケンカのとき。最も炎上したのがシーズン2のでしたね。でも誤解されとるし、私の中では間違ったことをしたつもりはないし、でも放送されたら批判されるんやろうな、と少し覚悟はしていました。暴れたなー、って自覚もあったから放送を見られたくなかった。ママからも“女として(あんなに暴れちゃ)ダメでしょ”と言われました」

 そもそも『あいのり』では多くのメンバーがSNSで炎上してきた。先人たちを見て振る舞いを考えなかったのだろうか。

「あいのりを見たことなかったんですよ。恋したいなーと思って応募して。それでシーズン1で仲よくなったアスカとゆうちゃん、シャイとかすが(いずれもカップル帰国したあいのりメンバー)が帰国後、仲よさそうにしているのを見て“あぁ、私も恋したいなぁ、うらやましいなぁ”と思って2にも応募したんです。

 それでも(シーズン1、2ともに)ケンカしたときは放送しないでほしいと思いましたね。でも、放送されるだろうから“私の人生終わった”とか思いましたけど(笑)」

1/2ページ

最終更新:11/10(日) 13:00
週刊女性PRIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事