ここから本文です

世界の首脳が尊敬…徳仁天皇・雅子皇后「皇室外交」のポテンシャル

11/10(日) 6:01配信

現代ビジネス

「日本の素晴らしさ」を感じた各国の首脳たち

 天皇、皇后両陛下のパレード「祝賀御列(おんれつ)の儀」(11月10日)でもって、先月22日から始まった「即位の礼」の一連の儀式が終わる。皇室外交の観点から見るならば、徳仁天皇と雅子皇后は新しい日本のイメージを国際社会に発信することに成功した。

【写真】ハイスペックすぎる皇后・雅子さまの素顔

 宮中晩餐会などでの若々しく、明るく、にこやかなご夫妻の立ち振る舞いは、長い歴史をもった皇室の伝統との対比の中で新鮮な印象を与えたと思われる。

 ある欧州の大使は、「即位正殿の儀」に列席するため本国から来た元首脳をアテンドした。その元首脳は初日の晩餐会が終わったあと宿舎への帰路、大使に「ハイテクで知られる日本が、あのような古式ゆかしい伝統儀式をいまに保持しているとは知らなかった」としみじみ語ったという。

 日本の外務省OBは「中国の、心あるそれなりの立場にある複数人から感想をもらった」と言う。「中国の古代王朝の影響が残る文化を日本はきちんと保持し、本家の中国は残していない。日本の素晴らしさです」という内容だったという。

 今回、列席したルクセンブルクのアンリ大公夫妻は、2年前の2017年11月に国賓で来日している。この時、宮中晩餐会の答礼スピーチで「伝統への愛着と近代的なものへの開放性が他に例のない形で融合した日本は、今後も私どもを魅了し続けるでしょう」と述べた。これは列席した183カ国の元首、王族、首脳らの共通した感想だったように思う。

 本来であれば11月14、15日の大嘗祭が終わると、両陛下の外国訪問の準備に着手するところだ。しかし皇后の体調を考えると外国訪問はまだハードルが高い。皇后は地方訪問では1泊できるようになったが、外国訪問は何泊もしなければならない。

 しばらくは外国の賓客を迎えながら可能性を探っていくことになるだろう。ただ属人的なことは横に置いて、今上天皇、皇后の皇室外交がどのようなものになるか考えてみよう。

1/3ページ

最終更新:11/10(日) 22:45
現代ビジネス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事