ここから本文です

骨折の井上尚弥へ、ドネアが紳士なメッセージ 「手術の必要がないと知り…」

11/10(日) 9:18配信

THE ANSWER

2か所骨折の井上にドネアがメッセージ

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム決勝はWBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ちを収め、WBSS制覇を果たした。激闘の代償として井上は右目の眼窩底と鼻の2か所を骨折していたが、ドネアは自身のSNSで「傷が癒えるように!」と早期回復を願っている。

【画像】痛々しい右目、眼窩底の骨折が明らかに…井上が控え室でドネアと撮影した“舞台裏2ショット”の写真

 2回にドネアの強烈な左フックを浴びた井上。自身初のカットで右目上から流血、一時はダウン寸前まで追い込まれるなど、5階級王者との頂上決戦はまさに死闘となった。

 井上は9日、自身のSNSで右目の眼窩底と鼻の2か所を骨折していたことを明かしていたが、ドネアもこの投稿を引用する形で自身のSNSでメッセージを送った。

「ナオヤ・イノウエとの対決の後、彼の負傷について聞いた。手術の必要がないと知り安心した。そしてもちろん、傷が癒えるように!」

 相手の怪我の報告を心配し、かつ手術の必要がないことに安堵。相手をリスペクトするドネアの敬意に満ちた投稿だった。

THE ANSWER編集部

最終更新:11/11(月) 15:34
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事