ここから本文です

浦和、ACL決勝第1戦のスタメン発表 “完全アウェー”の初戦、西川不在のGKは福島が先発

11/10(日) 0:48配信

Football ZONE web

2年ぶり3回目のアジア制覇へ、アル・ヒラルとのアウェーゲームで勝ち点を持ち帰れるか

 浦和レッズが2年ぶり3回目のアジア王者を目指すAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の決勝第1戦、敵地アル・ヒラル(サウジアラビア)戦のスタメンが発表された。

【動画】2017年ACL決勝第2戦「浦和×アル・ヒラル」で圧巻のコレオグラフィー(試合ハイライト)

 浦和はこの試合、不動の正GK西川周作が準決勝第2戦の広州恒大(中国)戦で受けた決勝トーナメントで2枚目のイエローカードにより出場停止。そこには、1日の鹿島アントラーズ戦でJ1デビューしたGK福島春樹が起用された。

 最終ラインは3バックで、DF岩波拓也、DF鈴木大輔、DF槙野智章が並ぶ。2ボランチは5日の川崎フロンターレ戦で負傷から復帰したMF青木拓矢とMFエヴェルトンのコンビで、ウイングバックは右にMF橋岡大樹、左にMF関根貴大のユース出身の2人。そして、前線にはACLで日本人最多ゴール記録を更新中のエースFW興梠慎三の背後に、FWファブリシオとMF長澤和輝が2シャドーで控える。

 浦和としては3バックを中心として、元フランス代表FWバフェティンビ・ゴミスと元イタリア代表FWセバスチャン・ジョビンコを中心にホームの勢いに乗る相手の攻撃を封じ込みつつ、興梠を軸にアウェーゴールを奪うことが狙いになる。

 2年前と同じカードになった決勝、当時は敵地で1-1と引き分け、第2戦のホームで1-0の勝利を挙げて決着をつけた。まずは中東の完全アウェーで迎える初戦で、第2戦に向けて優位な立場を持ち帰りたいところだ。

 浦和のメンバーは以下の通り。

▼スタメン
GK
福島春樹
DF
岩波拓也
鈴木大輔
槙野智章
MF
橋岡大樹
エヴェルトン
青木拓矢
関根貴大
長澤和輝
FW
ファブリシオ
興梠慎三

▼ベンチメンバー
GK
岩舘 直
DF
マウリシオ
宇賀神友弥
MF
阿部勇樹
柴戸 海
柏木陽介
FW
杉本健勇

Football ZONE web編集部

最終更新:11/10(日) 0:48
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事