ここから本文です

浦和が敵地でアル・ヒラルの猛攻凌ぎ前半0-0 “ACLデビュー”のGK福島、好セーブ連発

11/10(日) 2:16配信

Football ZONE web

2年ぶり3回目の優勝を狙う浦和、ACL決勝第1戦で劣勢も耐え凌ぐ

 浦和レッズが2年ぶり3回目のアジア王者を目指すAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の決勝第1戦、敵地でのアル・ヒラル(サウジアラビア)戦は、前半を0-0で終えた。

【動画】2017年ACL決勝第2戦「浦和×アル・ヒラル」で圧巻のコレオグラフィー(試合ハイライト)

 2年前のリターンマッチとなった対戦カードとなったなか、浦和はこれまでゴールを守り続けてきたGK西川周作が累積警告により出場停止。これがACLデビューとなるGK福島春樹が入った。ほぼベストの布陣を組んだ浦和に対し、アル・ヒラルは前線に元フランス代表FWバフェティンビ・ゴミスと元イタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコを据えた。

 浦和は立ち上がりから慎重に入り、自陣でブロックを形成して試合を進めた。そのなかで迎えたピンチは前半14分、中盤で相手のパスミスをカットしたMF青木拓矢がパスの相手を探してしまったところでボールを奪われ、一気のショートカウンター。右サイドからのラストパスをゴール正面でジョビンコに狙われたが、DF鈴木大輔がシュートを足に当てて事なきを得た。

 逆に浦和は同17分、自陣から左サイドにつなぐとFWファブリシオがサイドを突破。マイナスのラストパスをMF関根貴大が狙ったが、シュートの当たりが悪くチャンスをものにすることができなかった。浦和はボール保持率こそ圧倒的にアル・ヒラルに譲ったものの、シュートまで持ち込まれる回数はそれほど多くない展開で試合を進めた。

 そのなかで迎えた同29分、浦和はコーナーキックをクリアされたところからカウンターを受け、右サイドからのラストパスにフリーでジョビンコに合わせられた。距離を詰めた福島も触れなかったシュートだったが、必死に戻った青木がゴールライン上でクリア。さらに同33分にはコーナーキックからペルー代表MFアンドレ・カリージョに放たれたヘディングシュートを福島がスーパーセーブ。立て続けに決定機を防いだ。

 浦和はこのまま前半を無失点でしのぎ切り、0-0でハーフタイムを迎えた。前線に構えるエースFW興梠慎三にラストパスが届かず苦しんでいるが、なんとかアウェーゴールを奪って第2戦のホームにつなげたいところだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:11/10(日) 3:22
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事