ここから本文です

グーグルがアルバムを作ることの重大な意味

11/10(日) 5:25配信

東洋経済オンライン

昨今の経済現象を鮮やかに切り、矛盾を指摘し、人々が信じて疑わない「通説」を粉砕する――。早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問の野口悠紀雄氏による新連載をスタートする。

■何でもすぐに写真を撮るようになった

 研究会などでホワイトボードに書かれた内容を撮影するのは、ごく普通に見られる光景となりました。

 かつてのように重いカメラは必要ではなく、どこにでも持ち歩けるスマートフォンで簡単に撮影できるようになったことが大きな理由ですが、それとともに、写真をいくら撮っても、ほとんど無料で、事実上いくらでも保存できるようになったことの影響が大きいと思われます。

 これは、写真に対するこれまでの考えを大きく変えるものです。

 一昔前まで、写真は高価な情報保存手段でした。フィルム代、現像代、プリント代がかかり、それをアルバムに貼らなければなりません。このため、これまで写真を撮るのは、旅行や運動会などの特殊な場合でした。

 それが、「タダでいくらでも保存できる」ということになったのですから、写真に対する考え方は基本的に転換することになります。ホワイトボードの情報をメモするために写真を撮るというのは、その1つの表れにすぎません。

 問題は、保存した写真が大量になると、その中から目的のものを選び出すのが難しくなることです。

 同じ問題が、ウェブの情報について、20年ほど前に生じました。

 それを解決したのが、検索エンジンでした。極めて性能の高い検索エンジンを開発したグーグルが、その後急成長し、今やGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)と呼ばれる企業群の1つとしてアメリカ経済をリードする役割を担っていることは、よく知られています。

 ところが、これまで検索の対象にできたのは、デジタル・テキスト(文字や数字など)でした。写真などの画像を検索することはできなかったのです。このため、写真の数が多くなってくると、お手上げということになります。

 貴重な写真がたくさんあるのに利用できないで、情報洪水の中に飲み込まれてしまう「豊穣の中の貧困」です。

■個人でも、画像認識機能を使えるようになった

 ところが、この状況に最近大きな変化が生じつつあります。コンピューターが画像を識別できるようになったのです。

1/4ページ

最終更新:11/20(水) 9:52
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事