ここから本文です

大谷翔平がエンゼルスにもたらした絶大な効果

11/10(日) 5:40配信

東洋経済オンライン

 2019年のメジャーリーグは、ワシントン・ナショナルズの初優勝で幕を閉じたが、日本で最も注目されていたのは、2年目のシーズンを過ごした大谷翔平選手の一挙手一投足といっても過言ではないだろう。

【写真】大谷翔平のユニフォームを着た女性ファンたち

 史上初の「二刀流」選手として海を渡ったが、2019年シーズンは右肘の靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けたこともあり、指名打者としての出場に専念。大谷選手自身は「個人としてもチームとしても、今まででいちばん悔しいシーズン」と振り返った今シーズンだったが、メジャーリーグで日本人初となるサイクル安打をはじめ、その活躍は連日多くのメディアで取り上げられた。

 9月には左膝の二分膝蓋骨(しつがいこつ)の手術を受けることが発表され、一足早くシーズン終了を迎えたが、すでにリハビリやキャッチボールを開始しており、来シーズンの「二刀流」復活に向けた準備は着々と進められているようだ。

■「大谷フィーバー」は本当に存在するのか? 

 この2年間、投打の双方で活躍してきた大谷選手を語るうえで欠かせないのが、「大谷フィーバー」なる現象だ。大谷選手の活躍にスタジアムの観衆が魅了され、その様子を伝えたメディアによって、アメリカ全土で大谷選手の人気が拡大していくというもので、さまざまな切り口から「大谷フィーバー」が報道された。筆者はその実像に迫るべく、アナハイムにあるエンゼルスタジアムを訪れた。

 この日は、奇しくも大谷選手が左膝の手術を決断した9月11日のインディアンス戦だったが、スタジアムでとりわけ目立ったのが、意外にも日本人観光客の姿であった。

 エンゼルスのポストシーズンに進出する可能性が潰えつつあったこともあってか、スタジアムに来場しているおよそ20~30%を日本人が占めているという印象で、スタジアム正面には、マイク・トラウト、アルバート・プホルスなどの名選手と並んで大谷翔平選手のパネルが掲げられている。その前には、記念撮影を待つ日本人観光客の列ができていた。

1/3ページ

最終更新:11/10(日) 5:40
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事