ここから本文です

世田谷は地元民がこっそり楽しむ美味しくてお得な名店ぞろい!三茶・下北沢・経堂グルメ10選

2019/11/10(日) 5:20配信

東京カレンダー

本家本元ウクライナ風ボルシチは必食『サモワール』

池尻

昭和25年創業の老舗、池尻大橋のロシア料理『サモワール』。人気はボルシチ。ロシアの代表かつ定番料理でもあり、世界三大スープのひとつだ。

味わいは野菜の甘みと酸味が染み出ており、口当たりはさらっとしていてやさしい。途中からサワークリームを混ぜ、味を変えながら食べるのもいい。なにより、ビーツから出たピンク色がこの上なく美しい。

実はボルシチ、本家本元はウクライナとかで、こちらにも2種類ある。豆と牛肉入りはウクライナ風。野菜のみのひと皿も。いずれにせよ、先代が戦後すぐロシアに渡り、体得したかつての味わいが、今なお受け継がれる。

和を取り入れた大人の味わいのバーガー『ハラカラ。』

三軒茶屋

「どこにもないものを作ろうと思ったんです」。そう語るのは、店主の萩原洋次氏。

その象徴が鬼おろしそバーガーだ。ややハードなバンズに挟むのは、タスマニアビーフにオニオンソテーを入れたパテ。調味料は天日塩と黒胡椒のみ。50度洗いを徹底した野菜と、たっぷり入った鬼おろし、熟成プレミアムビーフのコンビネーションは洗練の極みだ。

凝縮された旨みとボリューム感がありながら、完食しても胃袋は軽やか。「肉もイイけど野菜もネ♥」な気分に応えてくれるバーガー。一度食べればヤミツキになるはず!

左.店は’09年にオープン。自然な甘みがクセになるアサイーのジュースなどサイドメニューもおすすめ 右.店構えも、どこか優しげで他の店とは一線を画す雰囲気の店

激辛好きを歓喜させる下北沢の人気店『天華』

下北沢

下北沢にある『天華』は、激辛好きなら知っておきたい中国料理の名店のひとつ。同店を訪れたならマストでオーダーしたいのが「沸騰牛肉の山椒煮込み」。

朝天辣椒の粉末がこれでもかというほど、どっさりかけられたまるで地獄谷のようなビジュアルで登場したかと思うと、そこに180℃の山椒油を注ぎいれるのだ!食欲をそそる音、香り、ビジュアルに、歓声を上げずにはいられないだろう。

ジュワ~ッと煙が上がっているうちに、料理長・長尾氏自らが成都で買い付ける山椒をかけて完成。見ているだけで、じんわりと額に汗が浮いてきそうなほどの迫力に圧倒される。

3/6ページ

最終更新:2019/11/10(日) 5:20
東京カレンダー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事