ここから本文です

榎本喜八「打撃の道を究めた天才の孤独と孤高」/プロ野球20世紀の男たち

11/11(月) 11:05配信

週刊ベースボールONLINE

プロ野球が産声を上げ、当初は“職業野球”と蔑まれながらも、やがて人気スポーツとして不動の地位を獲得した20世紀。躍動した男たちの姿を通して、その軌跡を振り返る。

毎日オリオンズ 元ダイナマイト&ミサイル打線/球団別オールタイム・ベストオーダー

一流こそが認めた男

 早実高からプロへ進んだ左打者といえば、多くが通算868本塁打を残した巨人の王貞治を思い浮かべるだろう。誰もが天才と口をそろえた左打者なら、近年では広島の前田智徳だろうか。だが、彼らよりも前に、そんな左打者がいた。榎本喜八。この男と戦った多くの一流選手が、この男については畏敬の念を持って語る。

 一流こそが認める天才。心技体、そのすべてで打撃を究めようとした男だ。ボール球には決して手を出さず、きわどい球を見送ってストライクと判定されると、「3センチ外れてるよ」と球審にボソリ。このときマスクをかぶっていた南海の野村克也の証言だ。そして、捕球した自分の感覚と同じだったことに驚いたという。

 母親が早くに亡くなり、出征した父親はシベリアに抑留されて、貧困の中にあった少年期。最初は投手だったが、中学から外野手になった。早実高では甲子園出場3度。だが、コーチに従わず自らの打撃を貫いたこともあってか、プロからの誘いはなかった。早実高の先輩で、早大から毎日への入団が決まっていた荒川博に頼み込んでテストを受け、毎日へ。その打撃は別当薫監督に評価され、背番号3を与えられる。

 この埋もれかけた若者の才能をプロの道へ導いたのも、のちに王の師匠となる荒川に、戦後の本塁打ブームを引っ張った別当と、やはり一流の男たちだった。1年目の1955年オープン戦から結果を出し、開幕戦では五番打者。そのまま一塁の定位置を維持して新人王に輝いた。だが、打率3割の壁は、なかなか超えられず。転機はチームが大毎となった58年オフ、荒川の紹介で合気道や居合の世界に触れたことだった。

「打撃は型じゃない。無の心境が重要」「バットを自分の腕のように振る」「心が正しくないと野球はうまくならない」「自分の中にボールを引き込み、腹の中でバックスイングをする」……。

 自らの打撃を表現する言葉も独特だ。だが、その打撃は、現在の打撃論と遠いものでもない。まず、肩甲骨を開いてワキを締め、グリップは右肩よりも高い位置に。バックスイングは腹の中、つまり、目に見えた動きとしては、ほとんどなかった。いかにムダな動きをなくし、力を抜くかを試行錯誤した結果だ。意識は下腹部の奥、臍下丹田に軸を置き、下から回転して力をバットに伝えていく。スイングの際に体は反っているが、ほとんど頭の位置は動かなかった。おそらくは、自然体の構えでボールを引き付け、反動ではなく、下半身主導でインナーマッスルを使ってスイングするイメージだったのだろう。

1/2ページ

最終更新:11/11(月) 11:12
週刊ベースボールONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事