ここから本文です

中居正広のとことん野球好き「お待ちかね!? 中居的ベストナイン2019」

11/11(月) 11:11配信

週刊ベースボールONLINE

 今シーズンも“筋書きのない数々のドラマ”を見せてくれたプロ野球。日本シリーズでのソフトバンクはハンパなく強かったですね。無傷の4連勝、まさか巨人があっさり4連敗するなんて僕は想像すらしていませんでした(泣)。“ホークス”が巨人を制して日本一になったのは前身の南海時代の1959年以来、60年ぶりというのも驚きでした。兎にも角にもファンの皆さん、本当におめでとうございます!!

野村克也が語る「2019日本シリーズ」

 さて、シーズン終了後のこのコラムのお楽しみ(!?)といえば……そう、僕が好き勝手に決めた中居的ベストナインです。今年も異論、反論あるかと思いますが、これも野球好きの至福の楽しみの1つなのでお付き合いください。「プレミア12」のことも少し頭に入れながら打順の左右のバランス、勢いのある若手、安定感のあるベテランも欲しいかな……とあれこれ考えたものです。締切ギリギリまで悩みまくりました(笑)。

 まずはセ・リーグからいきましょうか。投手はシーズンを通して安定していた山口俊、捕手は會澤翼で決まりでしょう。一塁手は……僕としては阿部慎之助を推したい!! 現役最後の舞台となった日本シリーズで放ったあのホームランを見たら「まだまだできるのになあ~」という思いがあふれてきてしまいました。

 二塁は山田哲人、三塁は岡本和真かな。遊撃は文句なく坂本勇人ですかね。外野が一番難しかったですけど、DeNAの筒香嘉智も入れたいのですが、左翼からベテランの青木宣親、中堅・丸佳浩、右翼・鈴木誠也の3人にしたいと思います。

 続いてパ・リーグ。投手は……最多勝の日本ハムの有原航平もいますが、やっぱり千賀滉大かな。僕の中ではノーヒットノーランを達成したというのが大きいんですよね。それと何年も継続して活躍することが難しいプロで4年連続2ケタを挙げている点はやっぱりすごい。野手はリーグV2の西武勢が多いですが、捕手は森友哉、一塁は山川穂高、二塁は浅村栄斗。三塁は松田宣浩、遊撃は源田壮亮で決まり。源田の華麗な守備は本当に惚れぼれしますよね。

 外野はソフトバンクの柳田悠岐もいますが、左翼から荻野貴司、中堅は秋山翔吾、右翼は吉田正尚。最後にDHは復活した“おかわりくん”こと中村剛也を選びたいと思います。

 それにしてもセ・パともにすごいメンバーですよね。プレミア12でもこの中のメンバーが中心になって世界の強豪と相まみえるわけですが、そのガチンコの戦いからも目が離せません。僕も公認サポートキャプテンとして稲葉ジャパンを応援していくので、次回は現場で感じたこと、裏話もお伝えできればと思っています!!

■中居的ベストナイン2019
【セ・リーグ】
投:山口俊(巨人)
捕:會澤翼(広島)
一:阿部慎之助(巨人)
二:山田哲人(ヤクルト)
三:岡本和真(巨人)
遊:坂本勇人(巨人)
左:青木宣親(ヤクルト)
中:丸佳浩(巨人)
右:鈴木誠也(広島)

【パ・リーグ】
投:千賀滉大(ソフトバンク)
捕:森友哉(西武)
一:山川穂高(西武)
二:浅村栄斗(楽天)
三:松田宣浩(ソフトバンク)
遊:源田壮亮(西武)
左:荻野貴司(ロッテ)
中:秋山翔吾(西武)
右:吉田正尚(オリックス)
指:中村剛也(西武)

週刊ベースボール

最終更新:11/11(月) 12:11
週刊ベースボールONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事