ここから本文です

ソフトバンク・和田毅投手「思わず通帳のゼロの数を……」/初任給

11/11(月) 12:03配信

週刊ベースボールONLINE

プロ野球12球団の選手や監督・コーチに、毎週決まったお題について自由に語ってもらうコーナー。今週のお題は「初任給」です。

ソフトバンク・和田毅投手

 入団して最初の給料が振り込まれたときは、見たことないケタの額だったので、思わず通帳のゼロの数を数えたのを覚えていますね。「プロはすげえな」と(笑)。

 学生時代の小遣いは、中学生のときにひと月1000円、3年生になって1500円ぐらい。高校でちょっと増えても寮生活だったので、特に使い道がなく、不自由したことはありませんでした。大学に入って一人暮らしをしたときは、バイトするより練習したかったので、仕送りで何とかやり繰りして毎月ギリギリ。

 だからなのか、初任給が入ったときも、これに使おう! という考えはあんまりなかったんですよね。最初のオフに免許を取って、車を買ったのが大きな買い物じゃないですかね。

写真=湯浅芳昭

週刊ベースボール

最終更新:11/11(月) 12:32
週刊ベースボールONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事