ここから本文です

侍ジャパンが執念の逆転勝ち!鈴木が3試合連続アーチ、代走・周東が大仕事!【プレミア12】

11/11(月) 21:45配信

THE DIGEST

[プレミア12|スーパーラウンド]日本3-2オーストラリア/11月11日/ZOZOマリンスタジアム

【画像】野球場を彩る「美女チアリーダーズ!」

 侍ジャパンが執念の逆転勝ちだ。

 11月11日、スーパーラウンド第1戦を迎えた侍ジャパンは3対2でオーストラリアに勝利。大事な初戦をどうにか勝ちきった。

 プレーボールの開始の音を待つように、試合前に降り続いていた雨はピタリと止んだ。オープニングラウンド第1戦(ベネズエラ)と同じく、日本の初陣の先発マウンドを託されたのは山口俊(巨人)。この日は自慢のフォークが冴え、1~2回は完全投球。2回には3者連続三振の快調な滑り出しを切った。

 その勢いを借りたい打線だったが、相手先発ジルクのツーシームに苦しみ、出塁すらできずにいると、3回に山口が先頭打者に二塁打、2死からセンター前にタイムリーを浴びて先制を許してしまう。そして、続く4回にも5・6番の連打で2点目を献上してマウンドを降りた。

 嫌なムードが侍ベンチ、日本のファンにも漂い始めた中、日本の4番・鈴木誠也(広島)がその空気を切り裂くような一発。レフトスタンドにソロアーチを叩き込んだ。
山口の後を継いだ田口麗斗(巨人)、岸孝之(楽天)も無失点ピッチングで流れを作ると、7回にこの日、一番の歓声が沸き上がった。
 
 7回裏、先頭の吉田正尚(オリックス)がイチローばりの技ありの一打でセンター前にヒットを運ぶとすかさず、稲葉篤紀監督は代走のスペシャリスト・周東右京(ソフトバンク)を送り出す。そして周東は、6番・浅村栄斗(楽天)の三振の間に二塁盗塁。2死後、周東は見事なスピードでさらに三塁も陥れる。2死三塁の場面、8番・源田壮亮(西武)が選択したのは、まさかのセーフティスクイズ。相手バッテリーは完全に虚を突かれ、周東は同点のホームを踏んだ。

 8回には甲斐野央(ソフトバンク)が、12球で三者凡退の素晴らしいピッチング。解説を務めた前田健太(ドジャース)も「メジャーで通用する」と唸るほどの投球で、完全に流れは日本へ。その裏、日本は2球で2死を取られるものの、3番・近藤健介(日本ハム)の打ち上げた打球がラッキーな二塁打となって好機を作る。鈴木の敬遠の後、代打・山田哲人(ヤクルト)も四球で続き、浅村も冷静にボールを選び勝ち越しの四球をもぎ取った。最後は山﨑康晃(DeNA)が締めて3対2で勝利した。

 初戦を勝利で飾った侍ジャパンは明日19時、優勝候補アメリカと東京ドームで相まみえる。

構成●スラッガー編集部

最終更新:11/12(火) 5:05
THE DIGEST

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事