ここから本文です

VF750セイバーやマグナなどアメリカンスタイルが人気に!【日本バイク100年史 Vol.027】

11/11(月) 6:32配信

webオートバイ

(1982-1983年)<Webアルバム>

1909年、初めての国産のオートバイが誕生した。それから100年以上、あまたのモデルが世に出て、愛され、そして消えて行った。時代時代で光を放ったオートバイたち…。今となっては、もう写真でしか見ることができない車両もある。そんな、日本が誇るオートバイの歴史を紐解いていこう。「果たしてあなたは何台のオートバイを知っているだろうか?」

日本バイク100年史の写真を全て見る(24枚)

ホンダVF750 セイバー1982 年4 月

市販2輪車用としては世界初の水冷V4エンジンを搭載し、デジタルワーニングシステムなど先進のエレクトロニクス技術を応用した装備も備える、ホンダの新世代V4スポーツモデルの第一弾として登場。ただしスーパースポーツではなく、ソフトな乗り心地とシャフトドライブを採用したツアラー的存在。

ホンダ VF750 マグナ1982 年4 月

セイバーとV4エンジンを共用する兄弟モデルだが、こちらはアメリカンスタイル。二輪初となる油圧クラッチや5速+ODギア、アンチノーズダイブ機構であるTRACなども装備。燃料タンクの容量を確保するため、通常のタンクに加えてシート下にもサブタンクが設けられている。

ヤマハ RZ125 1982 年 5月

エンジンは一足先にデビューしたDT125をベースに、吸気デバイスYEISやチャンバー型マフラーなど吸排気系の見直しにより、20PSの高出力を実現。本格的なダブルクレードルフレームにモノクロスサス、作動性に優れるFフォークを採用し、他を圧倒するパフォーマンスを発揮。

ヤマハ XS250スペシャル 1982 年 5月

XS250と共通のエンジンながら、若干ピークパワーを削って扱いやすさを狙っている。車体構成は上級モデルの400にならっている。

ヤマハ XS400スペシャル 1982 年 5月

鋼管バックボーンフレームにDOHCエンジンを搭載し、モノクロスサスペンションを装備するなどフルモデルチェンジが行なわれた。

最終更新:11/11(月) 6:32
webオートバイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事