ここから本文です

【アメフト】全日本大学選手権 全出場校決定。神戸大初出場

11/11(月) 10:06配信

ベースボール・マガジン社WEB

11月10日、関東学生1部TOP8と関西学生のDiv.1のリーグ戦が行われ、12月15日に阪神甲子園球場で開催される甲子園ボウルに向けて2019全日本大学アメリカンフットボール選手権への全出場チームが決定した。

【この記事の全ての写真】全日本大学アメフト選手権出場校決定

 関東代表は、リーグ最終戦をまたず、法政大を35ー28で下した早大が2年連続の大学選手権出場を決めた。早大は、東日本代表をかけて、東北大と12月1日に横浜スタジアムで対戦する。東北大は東日本の準決勝で、北海道大を34ー9で下している。

 西日本代表は今年からシステムが変更になり、関西学生Div.1の3位(順列3)までが出場できるようになった。10日の試合で神戸大が京大に勝ち、立命館大が関学大に勝ったことにより、1から4の順列が確定した。1敗同士で優勝を分け合った立命館大と関学大だが、直接対決で勝っている立命館大が順列1で、西日本代表校決定戦へシードされる形となった。

 関学大は、11月16日、福岡・春日公園球技場で西南学大と対戦する。

 神戸大は、関西大と2敗で並び3位を分け合ったが、直接対決で勝っているために、順列3となり、11月17日、愛知・名古屋市港サッカー場で中京大学と対戦する。

アメリカンフットボール・マガジン編集部

最終更新:11/11(月) 10:06
ベースボール・マガジン社WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事