ここから本文です

【K-1】「K-1の顔を潰したい」村越優汰、打倒・武尊に自信満々「作戦がしっかり実行できれば80%以上の確率で勝てる」

11/11(月) 20:13配信

ゴング格闘技

2019年11月24日(日)神奈川・横浜アリーナ『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~よこはまつり』に出場する、第2代K-1 WORLD GPフェザー級王者・村越優汰(湘南格闘クラブ)が11日(月)都内にて公開練習を行った。

【写真】武尊と村越のツーショット

 得意の蹴り技を封印し、パンチのみのミット打ちを披露した村越は「手の内は見せないですし、パンチにもだいぶ自信はついてきているので」と、磨いたパンチを見せたかったのもあると理由を話す。

 今回は、K-1に参戦した目的でもあるK-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者の武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)との一騎打ちが決定しており、気合いがより一層入る。

「最初に見た時よりも強くなっています。でも根本的な戦い方は変わっていない。試合を見て研究もしているので、作戦通りに実行できれば問題なくいけるかなと。だいぶ固まっては来ていて、それがしっかり実行できれば80%以上の確率で勝てると思います。しっかり作戦を練っています」

 武尊の攻撃と防御の要となっている前蹴りについても「もちろん意識しています。でも僕も前蹴りが得意なので、前蹴りなら僕の方が上回っている。いつもみたいな感じにはならず、あっちはやりづらくなると思いますよ。前蹴り対決でも負ける気がしません」と、自信満々に答える村越。

 それでも「もちろん最終的にはパンチは警戒する部分です。パンチだけの選手ならパンチであそこまで倒すのは出来ない。それまでの組み立てや蹴り技もあってのパンチだと思うので、パンチだけでなく、全体的に警戒しています」と、武尊の攻撃力に警戒は怠らない。

 自分については「テクニック面は大宮司さん(K-1ジムシルバーウルフ代表)が教えるのも上手くて、自分も日々練習して伸びているのが分かるので、毎日気付くことがあってそれを出すのを楽しみにしています。より良くなっている部分もあります。蹴りだけじゃなくパンチも強化しているので、そこは当日楽しみにしてもらえたら、と。自分と試合をするにあたって研究してきた相手は、みんな三日月蹴りを警戒してくる。みんな急所を守ってくるんですよ。だから三日月にこだわらず、他の武器があるところを見せたい。三日月だけじゃないよ、と」こちらも自信満々だ。

 対戦発表の会見では、村越の「今回はKOで勝つとは言いません。武尊選手を完封します」との発言について、武尊が「完封と言っていましたが、K-1のリングに判定はいらないと思うので倒します」と返答した。そのことについて聞かれると村越は「武尊選手が何を言おうが気にしない。自分のスタイルを貫くだけ。結果として、みんな勝つことを残していないので、自分は勝つということを残したい」と、あくまでも勝利という結果にこだわるとした。

 フェザー級からスーパー・フェザー級に上げての第一戦となるが、「いい感じに仕上がっているので、別に階級を上げたからと言って不安な要素はなく順調に仕上がっています」という。

 そして「K-1と言ったらみんなが口をそろえて武尊選手って名前を出すと思うので、選手としては目立っている選手と戦いたい。K-1の顔を潰したいな、と。自動的に、勝てば僕がそのポジションになれると思う。武尊選手よりルックスもいいと思うので。そこは自信を持っているので(笑)」と、武尊のポジションもいただくとした。

 また、ハロウィンに行われたイベントに魔女の仮装で現れたことについて「だいぶメンタルトレーニングになりました。たくさんの人の前であの恰好はかなり勇気がいることです。大舞台で武尊選手と戦うのでメンタルも鍛えておこうと思って」と、全ては打倒・武尊のためにあると笑った。

最終更新:11/11(月) 20:13
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事