ここから本文です

ネイサンズのバイト女子からSTAP細胞事件まで、“炎上で人生詰んだ”オンナたち

11/11(月) 8:00配信

週刊女性PRIME

 毎日のように誰かが“炎上”しては、メディアも世間も騒ぎ立てる今日このごろ。炎上するのは著名人だけでなく、SNSなどを発端として“素人”もやり玉に挙げられることが大いにあり得る。ふとしたことがきっかけで、瞬く間に叩かれてしまった女性たちについて、コラムニストの辛酸なめ子さんに論じてもらった。

【写真】アディダスジャパンの謝罪文と、木下優樹菜の炎上ツイートをチェック!

「ビッチを具現化したような女」

 江戸時代、火事が発生すると野次馬が集まり、その火事見物の人を目当てにそば屋の出店まで出たそうです。なんておぞましい……と思うかもしれませんが、現代でもネットという場所に移っただけで、人々のダークな習性は変わっておりません。安全な場所から炎上を見物し、かわいそうがって優越感に浸ったり、嘲笑ったり、縁もゆかりもない他人に嫌悪感を抱いたり……。

 その炎上の火種になるのは有名人に限りません。SNSが普及した今は誰でも炎上するリスクがあります。ネット史を振り返り、ちょっとした気のゆるみや悪のささやきで人生が詰んでしまった女性たちについて思い返し、改めて教訓としたいです。

 もはや14年も前ですが、2005年の当時はネットリテラシー的な感覚も薄かったようです。ネイサンズのホットドッグを移動販売していたアルバイトの女子大生が、オタについて「きんもーっ☆」「恐い! きもい!」と侮蔑的なコメントを綴ったことで怒りを買い、あっという間に個人特定され炎上。それとは直接関係ないかもしれませんがネイサンズは2008年に日本撤退……。オタの恨みは怖いことも世に知らしめました。

 店員が客をディスったり個人情報をバラす炎上事例はときどき発生しています。インターネットが世界につながっていることを忘れて、周りの友人10人くらいに報告する感覚で投稿してしまっているのでしょう。

 2011年、アディダスの女性新入社員が契約スポーツ選手の連れの女性を「ビッチを具現化したような女」と、かなりえげつない表現をして問題になりました。アディダスジャパンは選手とチームに謝罪。また、りそな銀行行員の母が娘に、来店した芸能人の個人情報を漏らし、娘がツイートしたという、親子そろって口が軽かった事例もありました。

「関ジャニ∞大倉忠義さん りそな銀行中目黒支店ご来店」「住所はざっくりとはさっき電話で教えてもらったし」といったツイートが銀行業界を揺るがしました。母親は西島秀俊の免許証の顔写真もコピーしていたそうです。本来、銀行で働いてはいけなかった人が、娘の愚行のおかげで明るみに出た、というとらえ方もできます。

 有名人絡みの炎上では記憶に新しいのが、2018年のNEWSメンバーが未成年の女性に飲酒をさせた問題。コールで名前を呼ばれたり、かなり親しいことが音声から伝わりました。ジャニーズファンの諜報機関並みの情報収集力で、女子大生の名前やプロフィール、顔写真が特定されました。

 その女子大生は嫉妬の念にもひるまず、インスタのストーリーで「自業自得? は? 元は私のせいじゃないよね」などと挑発。本当は玉森のファンで、彼に近づくためにNEWSとつながりを持ったという噂もささやかれ、ますます嫉妬の炎が炎上しました。

 AKB系やジャニーズなど、熱狂的なファンを持つアイドルについて下手なことを書いたり挑発やにおわせをすると、烈火の勢いで炎上してしまいます。サッカーなどファンが熱いスポーツも危険です。炎上したくない人は、これらの話題には下手にSNSで触れないことがおすすめです。

1/2ページ

最終更新:11/11(月) 8:00
週刊女性PRIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事