ここから本文です

2019年『ディナーショー』総チェック!18年ぶりに参戦するジャニーズとは

11/11(月) 5:00配信

週刊女性PRIME

 W杯で日本が初のベスト8進出を果たしたラグビー熱も少しクールダウンしたと同時に、気温も下がり、肌寒い季節になってきた。今年も残り、あと2か月。いよいよ芸能人クリスマスディナーショーのシーズンが幕を開ける。

【写真】2019年、ディナーショーお値段ランキング一覧

国境を越えたファンの思い

 '19年ディナーショーお値段ランキングは、昨年まで不動の1位だった五木ひろしが今回は3位に。なぜなら、あの不滅のロックンローラー・矢沢永吉が3年ぶりにディナーショーを開催するからだ。金額は税込みで7万1500円と、破格のお値段!

 長年の矢沢ファンだという50代男性は、

「3年前のディナーショーは税抜き6万円だったことを考えると、割高だなという思いは否めないですね。ただ、今回は70歳の節目ですから、何か“サプライズ”があることを期待しています。ギタリストのMIYAVIさんとか布袋寅泰さんあたりと共演してくれたらうれしいですね」

 と、期待を寄せる。

 2位の6万円には韓国の俳優、クォン・サンウが名を連ねた。ペ・ヨンジュンを中心に'04年ごろに起こった韓流ブームで人気を博した1人。

 日韓関係があまりよくない状況だが、どのような経緯で開催を決めたのか? ディナーショーを主催する『J HARMONEY』の担当者は、

「ファンクラブ約2000人を対象にアンケートをとったところ、1000人弱の方がディナーショーを開催してほしいとの結果が出ました。その結果をクォンさん側に伝えたところ、今年10月に、韓国へクォンさんに会いにいくイベント中に、日本でディナーショーを行うことが発表されたのです」

 開催を決意した背景には、

「古くからのファンは年配の方も多いこと、近年では日本で自然災害による被害が多発していることなどもあり、クォンさんが日本のファンに会いに行かなければならないと考えられたようです。日韓関係があまりよくない状況の中、日本へ来られるのを控えるタレントも多いのですが、そんな状況をわかったうえで、開催を決めてくださいました」

 ファンへの思いは国境を越える! 10月30日からファンクラブ限定で先行販売しているが、残席あるか!?

 今回ランクダウンしたとはいえ、3位は5万5000円で五木ひろし。長年5万1500円だったが、今年は値上げ。なぜか?

 東京プリンスホテルの広報担当に聞くと、

「増税の影響もあるのですが、五木さんが今年でデビュー55周年、当ホテルも開業55周年ということで、さらに特別なショーにさせていただくことから、値上げをいたしました」

 と話す。今年で42回目の開催となるが、“ディナーショーの元祖”だけあり、きっと特別なショーにしてくれるはず。

1/3ページ

最終更新:11/11(月) 5:00
週刊女性PRIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事