ここから本文です

女子相撲の見えない壁を打ち砕く! 世界に影響を与えた「女性力士」の挑戦

11/11(月) 16:00配信

週刊女性PRIME

 イギリスの公共放送BBCは2013年から毎年、女性の地位向上のために『今年の女性100人』を選んでいる。世界中の政治家、活動家、女優、アスリート、芸術家などから100人を選出し、過去、日本からはテニスの伊達公子選手や、がん闘病中だった小林麻央さんらがその名を連ねた。

【写真】国際大会でメダルを手にする今日和さん

 そして今年は、女性が職場などでヒールのある靴を強要されることへの異議を唱える#KuToo運動をする石川優実さんと、立命館大学4年生で、女子相撲選手の今日和(こん・ひより)さんが選ばれた。

小・中学時代は男子と戦う

 日本でもまだ知名度の低い女子相撲。それをBBCがなぜ? というと、今選手を主人公に、イギリス人監督マット・ケイが撮った短編ドキュメンタリー映画『Little Miss Sumo』の存在が大きい。昨年ロンドンの映画祭で上演、大絶賛を浴び、マンチェスター映画祭でもベスト作品賞を受賞。俳優のロバート・デ・ニーロが始めたニューヨークのトライベッカ映画祭では歴代最も上映回数の多い人気映画となり、実は今選手、そして女子相撲がいま、欧米で注目を集めつつあるのだ。

「そもそも存在すら知らない人が多い中で注目してもらえるのは、背中を押してもらってるようで、本当にうれしいです。映画は2017年4月から撮影を始め、実は、わぁは今も撮られています。短編は10月末からNetflixで公開されていますが、来年のオリンピックに合わせて長編を公開したいと監督は考えているそうです」

 そう話してくれたのは、今日和さんご自身。今回、京都に住む彼女に話を聞いた。

 青森県出身の21歳。津軽弁がまざる朴訥(ぼくとつ)でゆっくりとした語りで、自分を「わぁ」と言う彼女からは、誠実な人柄が伝わってくる。

「小学校1年のときに兄がやってる相撲に連れて行かれました。相撲を始めたころは勝てるのがうれしくて、試合はめっちゃ楽しんでいたんですけど、稽古はイヤでイヤでたまらなかったんです」

 短編映画にも当時の映像が出てくる。まだ小さい今選手、土俵に上がるとグイグイと、押し相撲で自分より大きな子を押し出していた。

「青森では男女関係なしに相撲をやってました。地元の大会でも男女混合。それで強くしてもらった、という気がします。いま、大相撲で活躍している阿武咲は小さいころから一緒で、ちょっと怖い感じでしたね。一度、投げられて後頭部を打ったことがあります。普通、相手が女子だとちょっと手加減するか、という人が多いのに阿武咲は手加減しませんでしたね」

 しかし、今さんも負けずに、中学は男子と一緒に、さらに高校でも相撲を続けていく。高校に上がるとさすがに男女の実力差は大きく、母校の中学の土俵に通って練習をした。立命館大学では相撲部に入部。現在、女子部員は3名で、男子部員とも練習を重ねている。

「女子相撲は続ける環境が整っていないこともあり、小学校を卒業したらおしまい、とやめてしまう人が多いです。でも、わぁには小学生のころから一緒に相撲をやる仲間がいました。一緒にやれる人がいるのは大事ですよね」

1/3ページ

最終更新:11/11(月) 16:00
週刊女性PRIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事