ここから本文です

今日の敵は明日の友!? チャナティップ&ティーラトンがタイ人Jリーガー対決を経て東南アジアのプライドを懸けた戦いへ

11/11(月) 10:33配信

SOCCER DIGEST Web

ASEANサッカー連盟主催のAFFアウォーズの主要タイトルはベトナムが総ナメに

 赤き時代へ突入する序章なのか――。

 11月8日、ベトナム・ハノイで行なわれたASEANサッカー連盟(以下、AFF)主催“AFFアウォーズ2019”。主要タイトルを総ナメにしたのはベトナムだった。

【PHOTO】東南アジア各国の代表チームを応援する美女サポーター

 男子最優秀チーム賞にはベトナム代表が、率いるパク・ハンソ監督が最優秀監督賞に、そして最優秀選手賞にはグエン・クアン・ハイ(ハノイFC)がそれぞれ選ばれたのだ。

 近年の東南アジアにおける力関係を露骨に表わした絵図、式典へ出席していたソムヨット・タイサッカー協会会長の気の抜けた表情を度々抜くベトナムTV局のカメラ映像を観る度に、場の空気に追い打ちを掛ける彼らの敵対心をこれでもかと感じることとなった。

 2年に一度の式典、前回はタイが逆の立場(タイ代表/キャティサック監督/チャナティップがそれぞれ受賞)だったことを考えれば、受賞結果は変化するASEANパワーバランスを率直に表わしたものと言って良いだろう。

 一転、翌9日の横浜は“タイ人Jリーガー対決”に沸いていた。J1リーグ31節、横浜F・マリノス対北海道コンサドーレ札幌戦。会場のニッパツ三ツ沢球技場にはタイ人ファンの姿も多く見受けられ、映像はタイへもライブ放送で配信されていた。

 試合は4対2で横浜が勝利する。開始早々から打ち合いの展開に、どちらも多くのチャンスを創ったが、序盤からのチャンスをしっかりモノにして勝ち逃げる辺りがチーム状況の差なのだろうか。開始前から終わりまで途切れることのなかったトリコロールファンの声量もチームの背中を押したに違いない。DFティーラトン(横浜)にとってはリーグ出場50試合目となる記念試合に華が添えられた格好だ。

プライドがぶつかり合うアウェーシリーズに挑む、タイ代表は如何に

 11月のAマッチウィーク、タイ代表は14日にマレーシア代表と、19日には“宿敵”ベトナム戦とのアウェー連戦を控えている。目下グループ首位に立つとはいえ、決して気の抜けない試合となることは必至だ。

「代表合流前の試合で勝利できたことが凄く嬉しいですし、気持ち良く合流できます。マレーシア戦に出られない(累積による出場停止)のは残念でなりませんが、チームに貢献できるよう、またベトナム戦へ照準を合わせて練習から万全の準備をしようと思っています」(ティーラトン)

「怪我は治ったので全く問題ありません。2試合ともにアウェー、非常に難しい試合になることは分かっています。でも勝てるように、タイに貢献できるように必死で頑張る覚悟です」(チャナティップ)


 ふたりは試合後に、日泰メディアの取材攻勢に対応した後に揃ってタクシーに飛び乗り空港へ、バンコクへと向かった。

 今日の敵は明日の友、同じ青き象着を身に纏って国の威信を掛けて闘う日々がまた始まる。

取材・文●佐々木裕介

最終更新:11/11(月) 10:33
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事