ここから本文です

悪童ネリと対戦 ロドリゲスが井上尚弥から学んだ教訓「次は全く違う姿を見るだろう」

11/11(月) 12:03配信

THE ANSWER

日本時間24日に激突、ロドリゲスがイメージするネリ戦のファイトプラン

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム決勝でノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ちを収めたWBAスーパー、IBF同級世界王者の井上尚弥(大橋)。井上に準決勝で敗れた前IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)は23日(日本時間24日)に前WBC王者ルイス・ネリ(メキシコ)と再起戦を行うが、参謀はモンスター相手の敗北から学んだ教訓について明らかにしている。プエルトリコ地元紙「エル・ヌエボ・ディア」が報じている。

【動画】KOが奪われた!? 「ストップすべき」と海外ファン物議、井上が左ボディーでドネアを悶絶させた実際のダウンシーン

 超満員のさいたまスーパーアリーナでの死闘の末にバンタム級の頂点にたどり着いた井上。5月のWBSS準決勝で、モンスターの異名を取る王者にキャリア初となる259秒でのTKO負けを喫したロドリゲスはネリを相手に再起することになった。

 山中慎介との2度のタイトルマッチでドーピングと体重超過を犯した悪童ネリ。ロドリゲスのトレーナーのウィリアム・クルーズ氏は「プロモーター的な典型的な考えでいけば、負けた後の再起戦は余裕のある相手と戦うというものだ。それが元々のプランだった。マニー(ロドリゲス)は最初は、ラウシー・ウォーレンと戦うことが決まっていたんだ」と語ったという。

 今年1月にノルディ・ウーバーリ(フランス)に敗れていた元WBA世界同級スーパー王者ラウシー・ウォーレン(米国)を相手に、ロドリゲスは再起戦を戦う予定だったが、ウォーレンは右手を故障し、試合が流れた。

「ウォーレンが怪我をした時に、ネリ戦のオファーが舞い込んだ。アドバンテージとしてはすでにサウスポー相手のトレーニングを進めていたこと。大事なことはマニーがこの戦いを求めたんだ」

 左構えのウォーレン対策を進めていたロドリゲス。同様にサウスポーのネリは軌道修正の余地が少なくて済む相手になったという。

「ある意味、この試合は間違っているという人もいるが、相手としては正しいと思う。全く違ったファイターだ。ウォーレンはとてもテクニカルなファイターで、よく動く。マニーも警戒が必要だったが、ネリはパンチャーだ。常に攻撃を仕掛けてくる」

 クルーズ氏はこう語ったという。そして、井上戦で2ラウンド目に3度ダウンを喫した悪夢から得た教訓を、ネリ相手に生かすという。

1/2ページ

最終更新:11/12(火) 17:15
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事