ここから本文です

井上尚弥、激闘の跡残る… 山中慎介との“私服2ショット”に反響「バンタム最高の2S」

11/11(月) 21:03配信

THE ANSWER

激闘の2日後に後楽園ホールで山中氏との2ショット実現

 ボクシングの元WBC世界バンタム級王者・山中慎介氏がインスタグラムを更新。ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝でノニト・ドネア(フィリピン)を破って、優勝したWBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(大橋)との2ショットを公開。ファンからは「バンタム最高のツーショット」などと反響が集まっている。

【画像】「バンタム最高の2ショット」「2人ともオシャレ」と反響続々、山中氏が公開した激闘2日後の井上との私服での2ショット

 井上は9日に山中氏がアンバサダーを務める「GOD’S LEFT バンタム級トーナメント」が行われた後楽園ホールに登場。そこで新旧バンタム級王者の豪華2ショットが実現した。

 白Tシャツにグレーのジャケット姿の井上。骨折していることが明らかになった右目上には大きなガーゼが貼られているのが痛々しいが、表情は穏やかだ。隣の山中氏は青地のチェックのオシャレなスーツ姿で井上と肩を並べている。

 山中氏は「『GOD’S LEFT BANTAMWEIGHT TORNAMENT 準決勝』盛り上がってきました」とつづった後に、「そしておめでとう!」と井上を祝福した。

 この2ショットにファンからも「バンタム最高のツーショット。2人ともオシャレ」「強さと見た目がリンクしなくてホントの行者を見てしまった感」「このツーショットはまた、最高」「お二人の2ショット最高です」などと喝采が上がっていた。

 WBCのベルトを12度防衛した山中氏は、7日の試合もテレビ解説としてさいたまスーパーアリーナを訪れていた。日本のバンタム級史に残るような2人の姿はボクシングファンにはたまらないようだ。

THE ANSWER編集部

最終更新:11/12(火) 11:12
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事